【成功法則】 コンフォートゾーン 夢を叶える科学 【モチベ】

「成功したいけど上手く行かない…」と頭を抱えている方は多いのではないでしょうか?私もその一人だったりしますが(笑)

ここでは、「コンフォートゾーン」というものについて取り上げ、成功法則に昇華する考え方をご紹介したいと思います。偉そうに書いている部分もありますが、主に自分自身に言い聞かせている面が多分にあるのでご容赦ください!

成功したい方たちにとって「成功のキッカケ」になるような情報もあります。ぜひ最後まで読んでくださいね!!

目次

居心地の良さを感じていたら危険信号!?

みなさんは、いまの現状に満足していますか?満足はしていなかったとしても、どこかで「今のままで良いかも…」と思ってはいないでしょうか?

現状に強烈な不満を持っていないとしたら「成功するにはかなりの危険信号が灯っている」と言って良いでしょう。現状に甘んじるということは成功を放棄することと同義です。

もし、あなたが既に成功者だとしてその現状に不満がないのであれば良いでしょう。しかし、これから成功を掴み取ろうとしているのであれば、現状は未成功なのですから何かを変えなければなりません。

ですが「何かを変える」というのは多くの人にとってメチャクチャ大きなストレスになる。人間は「現状維持が一番安全だ」と無意識に感じる動物だからです。すると、「変わったはず」がいつの間にか現状に引き戻されてしまう現象が起きます。

自分が「ラクな状態にいる」、それほど「しんどい思いをしていない」、にも拘らず成功を望んでいるとしたら、その希望は一生叶わないという事実を認識したほうが良いです。

「コンフォートゾーン」とは?

コンフォートゾーン(comfort zone)とは、「自分が安心だと感じる領域」のことです。人間は無意識レベルでこのコンフォートゾーン(安心領域)の中に居続けよう・戻ろうとします。

有名な話ですが、宝くじに当選して莫大なお金を手に入れた人たちがその後どうなったかというと、殆どの人はその財産をすべて失い、人によっては莫大な借金まで抱えてしまった、という追跡調査の結果が報告されています。

昨日までサラリーマンだった人が今日から経営者になることは「気持ちが悪い」、自分の周りにいる友だちが「仕事のグチばかり言っていた友達」から急に「ホリエモンやZOZOの前澤さん」に変わったら「居心地が悪い」、と無意識に感じるのです。

結論としては、その「居心地が悪い」状態に慣れなければ成功はありえない、ということです。とても重要なポイントです。「居心地の良い」状態を放棄することは人間の本能に逆らうということですからとても難しいことなのです。

現状が成功していないとすれば、必ずその原因となっている日々の行動・状態があります。それらを「成功者の日々の行動・状態」に変えなければなりません。ですが、何度も言うようにそれはとても「居心地が悪い」状態です。

「コンフォートゾーン」を抜け出す方法

コンフォートゾーン(居心地の良い状態)から抜け出さない限り「成功はありえない」ことはわかりました。では、一体どうすればコンフォートゾーンから抜け出せるのでしょうか?

唯一の方法は、「現在の環境・習慣を変えること」です。現在の環境・習慣を変えるにしても「具体的に何をどう変えるのか?」ということがポイントになってきます。

環境・習慣とは、仕事・友達・住居・趣味嗜好・人間関係・学校・収入・支出・時間の使い方、など多岐に及びます。あなたの現状は、これらの環境・習慣の結果でしかありません。結果を変えるには、これらコンフォートゾーンとなっている「要素」を1つ1つ変えていくことが必要です。

ポイント①:現在の環境・習慣を変える

一番最初に変える必要があるのは「友達」「人間関係」です。類は友を呼ぶ、という通り「友達」「人間関係」はあなたの写し鏡です。1日・1週間単位で「どんな人と関わりを持っている時間が長いか」分析してみてください。

「誰と話しているのか?」「誰と遊んでいるのか?」「誰とご飯を食べているのか?」「誰と仕事しているのか?」、リアルで人と会ったり話している時間だけではありません。「誰のTwitterを見ているのか?」「誰のYoutubeを見ているのか?」「誰の本を読んでいるのか?」「誰とLINEのやり取りをしているのか?」なども分析しましょう。

そして、自分が「理想とする成功者」とだけ付き合うようにすることです。リアルの付き合いは金銭面等のハードルもあるので、SNS等での繋がりでも良いです。「類は友を呼ぶ」です。最初は背伸びも必要ですが、とにかく成功者の環境・習慣が「居心地が良くなるまで」頑張って付き合い続けてください。

ポイント②:「友達」「人間関係」を変える

そもそも自分に取っての成功とは何でしょうか?「ブログで月収30万円を超えること」でしょうか?「弁護士の資格を取ること」でしょうか?成功とは人それぞれ形が違うもので、目標と言い換えることも出来ます。

いきなり大きすぎる成功を掴もうとすると上手くいきません。99.9999%失敗します。昨日までピアノを弾いたことがないのに、1年後にショパンコンクールで優勝したいと思っても絶対無理です。目標は小さいものを日々達成していくしかありません。

登山したことがある人はわかると思いますが、山は下から見上げるととんでもない大きさですが頂上に立つには、目の前の一歩一歩を踏みしめて歩くしかありません。気づいたら頂上に立っているわけです。あのイチロー選手も「日々の小さな積み重ねだけが、とんでもないところへ辿り着くための唯一の道だ」と言っていますよね。

4分29秒あたり「小さな積み重ね」について

いきなりフルマラソンを走ることは出来ません。徐々に目標を上げて最初は「苦しかった」1キロが走れるようになり、5キロが走れるようになり、10キロ、20キロ、そしてフルマラソンと段々走れるようになるわけですね。

ポイント③:日々「少し苦しい」目標を達成し続ける。

日に日に自分のコンフォートゾーンが広がっていくのが実感できるでしょう。日々の成功(少し苦しい目標達成)は簡単です。ですが、何の努力もなく大成功(大きな目標達成)することは絶対にありません。肝に銘じましょう。

「コンフォートゾーン」まとめ

「コンフォートゾーン」から得られた成功法則をまとめてみましょう。

結論

・現状はこれまでの環境・習慣の結果。環境・習慣を変える。

・成功者と「繋がり」を持って環境・習慣に慣れる。

・日々「少しだけ苦しい目標」を立ててそれを達成し続ける。どんどん目標が上がる。

水前寺清子さんの「365歩のマーチ」を体現すれば成功しそうなまとめでした(笑)成功のテーマソングにピッタリかもしれません。

以上、「コンフォートゾーン」についてでした!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる