急な不幸や認知症でも安心! 身内の生命保険を照会できる制度がスタート

身内で急な不幸があったり、認知症などが発症してしまうと大変です。特に契約関係は本人のみが把握してる場合も多く、清算をしなければならない親兄弟で辟易した経験をお持ちの方・またいま現在困っている方も多いのでは無いでしょうか。

2021年7月1日から、保険契約の有無を照会できる便利な制度がスタートしました。この記事では、この生命保険照会制度についてご紹介します。

この記事は次のような方に役立ちます

・最近親兄弟などが亡くなって相続人となっている方

・身内が認知症などを発症し意思表示ができなくなってしまった方
・士業などで後見人となっている方

目次

制度の概要

照会制度について

生命保険契約の有無を確認する照会制度は、「一般社団法人 生命保険協会」が提供するサービスです。紹介制度で確認できる内容は、「生命保険協会に加盟している日本の生命保険会社全社」と「亡くなった方・認知症になった方など」の生命保険契約の有無についてです。

契約内容の詳細は各保険会社への問い合わせが必要になりますので、あくまでも契約の有無についてのみの確認となる点には注意が必要です。

制度の目的

生命保険会社から保険金支払いが確実に行われるようにすることが目的となります。背景には日本社会の急速な高齢化が挙げられます。特に認知症など高齢者の判断力が著しく低下し、契約者にとって不利益となる状況が懸念されます。したがって、仮に契約者本人が意思表示ができなくなってしまったとしても、身内の方が契約の有無を確認できる制度が必要というわけです。

制度を利用できる人

生命保険契約は大切な金融資産に関わる情報ですので、誰でも利用できるわけではありません。法定相続人や親族、特定の専門家が対象になります。ただし、これらに該当しても申請に不適切と判断されると開示されない場合もあります。

利用できるのはこんな人
 ① 照会対象者が死亡している場合
  一.照会対象者の法定相続人
  二.照会対象者の法定相続人の法定代理人または任意代理人
  三.照会対象者の遺言執行人
 ② 照会対象者の認知判断能力が低下している場合
  一.照会対象者の法定代理人または任意後見制度に基づく任意代理人
  二.照会対象者の任意代理人(一.において定める任意後見制度に基づく任意代理人を除きます。)。
    ただし、法定代理人または任意後見制度に基づく任意代理人が選任されている場合には、
    この規定で定める任意代理人からの照会申出は受け付けません。
  三.照会対象者の3親等内の親族およびその任意代理人

(引用:生命保険協会公式サイト「生命保険契約照会制度利用規約」

照会できる内容

詳細は以下の通りとなります。

照会できる内容

① 照会対象者が死亡した場合
 照会対象者にかかる生命保険契約の有無および照会者が保険金等を請求することが
 可能であると判断される契約である場合には、その旨

② 照会対象者の認知判断能力が低下している場合
 照会対象者にかかる生命保険契約の有無

(引用:生命保険協会公式サイト「生命保険契約照会制度利用規約」

「一般社団法人 生命保険協会」とは?

生命保険協会は、日本の生命保険会社全社が加盟している組織です。生命保険業の健全な発達と信頼性の維持を掲げており、生命保険契約に関するトラブルへの相談窓口にもなっていたりします。

なお、生命保険契約の詳細については各生命保険会社への問い合わせが必要です。基本的には契約者本人以外が契約内容の確認をすることはできませんが、契約者や被保険者が認知症になって困っているなどの相談は受け付けてくれると思いますので、困ったら各社へ問い合わせをしてみてください。

生命保険会社の一覧はこちらをご参照ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる