楽天生命 ポイント充実?わかりやすい! 特徴まとめ【生命保険】

生命保険の加入・見直しで迷うことはありませんか?この記事では、楽天生命について分かりやすく解説していきます。最後まで読んでいただければ、楽天生命のことについて大まかに理解することができます。

目次

楽天生命のまとめ

「本当に必要な保障を、お手頃な保険料で、確実にお届け。お手続きも便利に。」の理念で楽天生命は、ネットと対面販売の2通り販売経路があります。ネットは保険商品がかなり限定されているので、加入を検討するのであれば対面販売の方が良いと思います。

私の個人的な視点から、楽天生命をおすすめできる方はこんな方です。3つだけ特徴を挙げておきます。

楽天商圏で保険選びも済ませたい方

楽天ポイントを貯めるのが好きな方

難しいことは気にしない・気にしたくない方
 など

楽天生命は楽天グループの生命保険会社ですので、楽天カード・楽天ポイントとの親和性が高く、楽天商圏でお買い物をしている方にとっては第一候補で上がってくる生命保険会社ではないでしょうか。また、保険料シュミレータが良し悪しはともかく非常にシンプルな設計になっているので、あまりあれこれ考えるのが苦手な方にとっては使いやすくなっていると思います。

また、私が個人的に気になった契約締結前に留意しておいたほうがよい点もいくつかありますので、3つだけ挙げておきます。

ネット加入を検討するなら保険の基本的な特徴について知識をつけておいたほうが無難です

カード払い・ポイントなどを重視しすぎない方が無難です

対面販売で入れるのであればそちらを優先したほうが良さそう
 など

その他、一般的に生命保険(医療保険も)を選ぶときに損しない為の記事をアップしましたので参考にしてみてください。ぜひ、保険選びに必要な知識を身に着けてください

①②は生命保険の基礎~応用、③は生命保険に関連する知識で社会保険等を取り上げています。

生命保険の知識~基礎編~
生命保険の知識~応用編~
生命保険に関連する知識~社会保険等~

楽天生命の特徴

楽天生命の特徴3つ!

1.保険料シュミレーションがシンプル(ネット生保)

2.楽天ポイントが貯まりやすい

3.「ネット」と「対面販売」から選べる

1.保険料シュミレーションがシンプル(ネット生保)

公式サイトの保険料シュミレーションで、簡単に保険料が導き出せます。保険料シュミレーションは、非常にシンプルな作りになっており、入力項目が少ないのが特徴です。必要なのは「生年月日」「性別」「保険商品の選択」「保障額の選択」「特約の選択」のみです。「保険期間」「払込期間」「払込回数」については選べません。保険期間が選べないのにはとてもびっくりしました。

また、「保障額の選択」が他のネット生保と比べるとシンプルになっており、他社が100万円刻みで設定できるところが楽天生命の場合500万円刻みになっていたりします。死亡保険金の上限は5000万円で私がこれまで調査したネット生保はいずれも限度額1億円だったので、低めの設定なのかもしれません。

性別・生年月日を選択します
あとは商品選択して保険金額をいじるだけ!特約がある保険種類は特約を付加するかしないかチェック。
保険期間・払込期間は選べません。

楽天生命のシュミレータはシンプル設計だと思います。入力箇所が少なく、ほとんど迷うことなく保険料算出までたどり着けるでしょう。手軽に保険を選んで欲しいという意図が読み取れますね♪これまで解説してきたネット生保でいうと、ライフネット生命に似ています。

2.楽天ポイントが貯まりやすい

楽天生命は楽天ポイントが貯まるサービスがあります。対象となる楽天生命の保険商品に楽天IDを使用して加入すると毎月の保険料の1%が楽天ポイントになるそうです。また、楽天カードで保険料を支払うと更に1%のポイントが付くので実質2%分のポイントがつくことになります!楽天ポイントファンの方には嬉しいサービスですね♪

ポイント付与の条件は、個人の契約者(法人は対象外)であること。対象保険商品は2、019年12月1日以降に申し込まれた、または更新された個人向けの全ての保険商品(団体信用生命保険と1年定期がん保険=楽天ミニ保険を除く)。Web経由の申し込みの場合。代理店経由の場合楽天専用タブレットで契約した場合。代理店経由で音声申込システムで契約した場合。月のポイント付与上限が250ポイントまで、などです。

契約時に条件をちゃんとチェックしておきたいですね♪

https://www.rakuten-life.co.jp/merit/point_program/?l-id=top_keyvisual_super_medical_point_program

3.「ネット」と「対面販売」のいずれかから選べる

楽天生命はネット生保も取り扱っていますが、同時に対面販売も行っています。対面でないと申し込みできない商品もありますので注意してください。ネットで取り扱いがある商品は8種類です。

死亡保険

保険商品は「定期死亡保険」「終身死亡保険」の2種類です。死亡保険は、自分(被保険者)が死亡した場合に誰か(受取人)にお金を残す場合に加入する保険のことです。定期保険は保険金額の調整はできますが保険期間・払込期間の選択はできず、珍しい1年更新タイプです。年齢で大きく保険料が上がっていくので注意が必要です。終身保険は更新がないので保険料は上がりませんが、払込期間が終身しかありません。こちらも注意が必要です。

医療保険

保険商品は「終身医療保険」が3種類、その他「10年定期医療保険(女性向け)」「終身がん保険」「引受基準緩和型終身医療保険」が3種類で、合計6種類です。医療保険は、自分(被保険者)が入院・手術・特定の病気に罹患した・先進医療で治療した、場合に自分(受取人)がお金をもらえる保険です。

医療保険は女性向けのみ10年定期で、ほかは全て保険期間(契約期間・有効期間)が終身です。払込期間が選択できないので、自動的に終身払いになります。個人的な意見ですが、これはちょっと気になります保険期間は終身だとしても払込期間を60歳などに設定することは他の保険会社ではできることが多いので、そこらへんを比較しておいた方が良いと私は思います。

また、「終身医療保険」の中に保険料リターンというタイプのものがあるのですが、主契約・特約含めて全ての保険料が返ってくるわけではないことは留意しておきましょう。実際に試算してみたのですが、「8疾病入院支払限度拡大特則」という特約のみリターンされる保険料に影響を及ぼしますが、他の特約は付けても付けなくてもリターンされる保険料は変わりませんでした。つまり、保険料に影響のない特約だけ見るとカケステになりますので注意が必要です。公式ページにも「特約に解約返戻金はない」旨の記載があります。

対面販売では、保険期間が10年以上の定期死亡保険などもあります。楽天生命は、かなり医療保険の商品数が多いのが印象的です。ネットの6種類以外に対面販売のみの医療保険が4種類ありますので、医療保険を中心に検討したい方には色々選べて良いかもしれませんね♪

楽天生命と比較するならどこ?

楽天生命が肌に合いそうな方が他に検討するとしたら、ネット生保か医療保険の評価が高い生保が候補に挙がってくると思います。ネット生保はお手軽さを重視する方が比較するのが良いかと思います。医療保険の評価が高い生保は医療保険中心に検討する場合に比較するのが良いでしょう。

楽天生命以外のネット生保

ライフネット生命
FWD富士生命
SBI生命
アクサダイレクト生命
東京海上日動あんしん生命
チューリッヒ生命
メディケア生命
オリックス生命(順不同)

一部メディアで医療保険の評価が高い生保

オリックス生命
チューリッヒ生命
アクサダイレクト生命
ライフネット生命 ほか(順不同)

いかがだったでしょうか?他の生命保険会社についても今後短いスパンで解説予定なので楽しみにしててくださいね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる