婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)は韓国ドラマの結婚契約に似てる?類似点を比較!

2021年秋ドラマで放送される『ハンオシ』こと婚姻届に判を押しただけですが、韓国ドラマとして多く検索されていることが判明しました!

このドラマ、『ハンオシ』は日本の漫画が原作です。

出演者も皆日本人ですし、制作も日本です。

ではなぜ韓国ドラマで検索されているのか…

この記事では、韓国ドラマとして検索されている訳を模索して見ようと思います!

尚、ネタバレもありますので、ご注意下さい!

あわせて読みたい
婚姻届に判を捺しただけですがの出演キャスト一覧まとめ !登場人物の相関図も 大人気コミック「婚姻届に判を捺しただけですが」が2021年秋にTBS系で放送されます。 人気漫画ということはもちろん、若手人気女優の清野菜名さんと「おかえりモネ」で...
目次

『婚姻届に判を押しただけですが』が韓国ドラマに似ている?

引用:(株)ステッカー公式Twitterより

『ハンオシ』こと婚姻届に判を捺しただけですがのあらすじ

漫画での少し進んだストーリーを交えてお伝えするので、ネタバレと思われる方もいらっしゃるかも知れませんので、ご注意を!!

大加戸明葉(清野菜名)は楽ちん部屋着に、コンビニ飯夕飯、大好きなソファでビールを飲む、おひとり様最高!な女子。

仕事もやりがいを感じ、生涯独身も視野に入れている。

一方で、百瀬柊(坂口健太郎)は偽装結婚したいがため、出会ったばかりの女子にプロポーズするコミュ障な男子。イケメン。

明葉は偶然に柊に遭遇。そしてプロポーズされてしまい、激怒!受け入れません。

ですが、両親が海外赴任のため親代わりになって育ててくれた祖母が倒れたという電話が入り、ひょんなことから柊と祖母が運ばれた病院へ。

病室へ行くと、心不全によって倒れたが、処置が早く、ピンピンしてる祖母の姿が。

そして「明葉の結婚を見届けなければ死ねない」という祖母に婚姻届を見せる柊。

「書くだけ」と言われ、嬉しそうな祖母を裏切れず、サインすることに。

ここから物語は始まります。

漫画ではまだ最終話を迎えておらず、明葉が柊を意識しはじめた頃、それが裏切られ、次は柊が明葉を意識しはじめ…

という行ったり来たりのもどかしい展開が続いています。

韓国ドラマ:『結婚契約』のあらすじ

2016年の韓国ドラマで、視聴率20%超えの悲しく切ないラブロマンスです。

BS朝日でも放映された、日本でも人気の韓国ドラマです。

ここからネタバレ、最後の結末あり、ご注意下さい!

亡き夫の借金1億を抱え、娘・ウンソンを育てるシングルマザーのヘス

「プロミス」というレストランのオーナー・ジフン

ヘスが「プロミス」の面接へ行った帰り道、ウンソンが車にひかれそうになり、間一髪助けたヘス。

この車の運転手はジフンだった。

ジフンは自分のお金目当てで飛び出してきたのだろうというが、意識を失ってヘスは倒れ病院へ運ばれてしまう。

出会いが最悪な二人。

一方、ジフンの母親も倒れ、肝移植が必要だった。

ジフンはこの肝移植のため、偽装結婚をしたいと考えていた。金は1億か2億か…

その話を聞いたヘスはウンソンのために自分が結婚してあげると名乗り出します。

でもすぐにその言葉を取り消します。

そして「プロミス」にも取り立て屋がやってくるようになってしまい、居づらくなったヘスは仕事をやめ、友達の家へ避難します。

その頃、ヘスは事故のときに意識を失くし倒れた原因を聞きに病院へ。

なんと病名は「脳腫瘍」

長くは生きられないと察知し、なんとジフンとの偽装結婚を受け入れることにします。

ヘスとジソンは偽装結婚だとバレないよう、ウエディング写真撮影や、馴れ初めの口裏合わせをし、プロフィールを確認しました。

早速、ジフンの母親のドナーとなるため、社会福祉士との面談へ。

嘘がバレないよう、必至に演技する二人に社会福祉士は怪しみ、ウンソンにも面談したいと言い出します。

ウンソンとなかなか仲良くなれないジフン。

なんとか仲良くなりたくて、プレゼントや食事にと奮闘しますが、うまくいきません。

ですが、ヘスが亡き夫の納骨で、夫を思い出し、涙するヘスにウンソンは「おじさんと結婚してもいいよ」と言います。

それから月日が立ち、どんどん親密になる二人。

しかしジフンの父親に嘘がバレます

移植手術のための結婚だと知り、激昂し、手術を取りやめます。

父親は悩んだ末、手術の許可の代わりに条件を出します。

母親に永遠に会わないこと、術後ヘスと別れることと…

そうしてるうちに、ジフンの母がヘスに移植手術を辞めますと手紙を残し、行方不明に。

ジフンは行方がわかると、ヘスとウンソンを連れ、母親のところへ。

再開を果たし、念願の家族写真を撮る4人。

ウンソンと接してる間に、母も穏やかな気持を取り戻します。

その頃ヘスは脳腫瘍に苦しめられ、ソウルの病院で5年生存率は30%だと告げられます。

ウンソンを一人にしたくないヘスは早く治療を受けたいと考えるヘス。

そして早く離婚させたいジフンの父はクレジットカードを停止し経済的圧力をかけますが、ジフンは何があっても別れないと強気です。

怒り心頭のジフンの父親はヘスを呼び出し、お金で解決します。

ジフンへの思いを断ち切るために、冷たくあしらうヘス。

ヘスはあえて自分が悪役になります。

ですが諦めきれないジフン。

すべての原因は自分にあると、ただそばにいてほしいと泣きじゃくるジフン

それでも、自分の気持ちを押し殺してヘスは家を出ます。

その後、ジフンはヘスが脳腫瘍で苦しんでいることを知り、結婚していることが負担になるならと離婚をすることに。

「離婚するが、今度はキミの人生を助けたい」と伝えます。

そして時が経ち、やっとヘスの心もジフンへ向いてきた時、病気が悪化し、医師から放射線治療をやめ、何の手立てもないことをジフンは知り、怒ります。

ヘスの前は極めて明るく過ごす、ジフン。

新居でのプロポーズの準備をするジフンとそれを楽しそうに見つめるウンソン。

しかしヘスはその来る途中で倒れ、意識不明に。

病院へ運ばれ、手術となります。

手術中に目を覚まさないかもしれないと言われますが、術後、ヘスは目を覚まします。

しかし腫瘍は全部取り切れず、いつまたどこで倒れてもおかしくないと告げられます。

そして退院の日。

念願のプロポーズ、そしてヘスはそれを受け入れます。

やっと2人の愛が結ばれ、家族3人幸せな生活を送ります。

視覚障害や味覚障害の症状が出始める中、必至に生き、ジフンとウンソンとの生活を送るヘス。

夜に「フォークダンスがしたい」といい、手を取り合う二人。

その姿を焼き付けようと、ヘスの頬に手をやるジフン。

涙が止まらないジフンでした。

最後のシーンは3人で遊園地へ出かけ終わります。

『ハンオシ』と韓国ドラマ『結婚契約』の類似点

コミカルコメディタッチな『ハンオシ』と最後は結ばれながらも命を落とし悲しいストーリーになった『結婚契約』。

類似点としては、構成の大枠が同じですよね。

『ハンオシ』は漫画でも最終回を迎えていないので予想となりますが、結婚する気がない二人が日に日に惹かれ合い、紆余曲折を経て、ハッピーエンドを迎える。一度離婚し、再度プロポーズをするというところも同じです。

まとめます。

・出だしは好きでもない者同士が結婚する、偽装結婚。
・共に行動するうちに徐々に惹かれ合う
・唯一無二の存在だと確信する
・だけど一度離婚する(男性から離婚を切り出し、女性を気持ちを抱え込む)
・その後、再度プロポーズし、受け入れる
・最後はハッピーエンド(『ハンオシ』に関しては予想)

韓国食品の通信販売店に名前が似ている?

『ハンオシ』と検索すると、検索上部に『ハントシではありませんか?』

という結果が!

そこには通信販売店『ハントシ』の記事がいっぱいありました。

韓国食品店店名:ハントシ

韓国食材、韓国食品をかなりの数を扱う輸入通販会社『ハントシ』さん。

『ハンオシ』と『ハントシ』

韓国ドラマとのつながりで、検索に出てきたのでしょう!

このお店『ハントシ』さんはHPが見やすく、カラフルで、ポチッとしちゃいそう(笑)

キムチから韓国のり、飲み物お菓子からお鍋や化粧品まであらゆる韓国製品が売られています。

その中で私のおすすめは。。。

引用:ハントシ公式HPより

このポテトチップス!

ハニーバターチップ、フロマージュブラン!

甘じょっぱい好きの日本人は絶対ハマると思います!

韓国旅行好きにはたまらないお店だと思いますよ!

韓国料理店:ハントシ(埼玉県・所沢)

韓国料理店の名前もありました。

ですが、閉店し、『韓国料理・こちゅ』という名前に変わったんだとか。

そして今はその『こちゅ』というお店も閉店したという情報でした!

まとめ

『婚姻届にを押しただけですが』こと略して『ハンオシ』。

この記事ではこの『ハンオシ』から派生した『ハントシ』のお店紹介と

偽装結婚という点が類似している『結婚契約』という韓国ドラマの紹介でした。

これが韓国ドラマと検索される理由ではないかと思われます!

偽装結婚だけでいうと、『逃げるが恥だが役に立つ』も同じですよね。

TBS、火曜日、ラブコメディという点も同じですので、逃げ恥ロスの皆さんにはこのドラマはヒットするのではないでしょうか!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる