ドクターX患者が死亡した回はいつ?大門未知子は手術を失敗したか解説

大人気シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』では未知子のお決まりの台詞、『私、失敗しないので』とありますが、以前、患者が死亡した回があるのはご存知でしたか?

新シーズン7では「コロナでたくさんの患者が死んでいった」という発言がありましたが、そこは詳しく描かれていません。

この記事では、ドラマで描かれていた中に、患者が死亡した回について書いて見たいと思います。

目次

ドクターX:患者が亡くなった回

今までのシーズンで、大門未知子が受け持った患者が亡くなったのは、術中死ではありません。

なので、手術を失敗したわけではありませんが、手術前に亡くなった回がありました。

話の中では「頃は日に何人も亡くなっていった」や「コロナ禍でNYでは救えなかった命がある」等亡くなった患者を思う台詞はありますが、今回はドラマの登場人物として亡くなった回のみをご紹介します。

亡くなった回はいつ?:シーズン1、エピソード6

亡くなった回の放送は2012年11月29日、シーズン1のエピソード6です。

シーズン1 キャスト一覧

帝都医科大学附属・第三病院

病院長…毒島隆之介(伊東四朗)

本院・外科主任教授…勅使河原毅(小林稔侍)

事務長…寺山金子…(室井滋)

第2外科

非常勤外科医…大門未知子(米倉涼子)

外科部長・教授…鳥井高(段田安則)

外科医・スーパードクター…加地秀樹(勝村政信)

外科医苦労人・助教…原守(鈴木浩介)

新米外科医…森本光(田中圭)

麻酔科医…城之内博美(内田有紀)

放射線科医…白木透(小松和重)

チーフ看護師…千葉園子(紫吹淳)

看護師…小池理恵(山本美月)

神原名医紹介所

名医紹介人…神原晶(岸部一徳)

あらすじ

ネタバレになりますのでご注意下さい!

神原名医紹介所に、未知子が医者になる前からの知り合い、六坂元彦(六平直政)が訪ねてきた。

六坂は10年前、未知子のお父さんに肝臓がんの手術を執刀してもらい、つつがなく過ごしていたが、最近、肝門部胆管癌がみつかり、どこの病院でも手術ができないと断わられ、最後に恩人の医者になった娘をひと目でも見ておこうと来たのだった。

六坂、入院させられない

帝都医科大学、第三病院では病院長の毒島が本院の教授選の手伝いにより、外科部長の鳥井に院長代行を要請する。

ニヤニヤが止まらない鳥井は、院長代理回診を張り切って行う。

愛人である秘書の奥村も呼び、すっかりその気になっていたところに大門未知子が現れる。

「すぐに入院させたい患者がいるんです」という大門未知子に

「そんなことは事務局に言いなさい、院長回診で忙しんだ」と嬉しそうに話す。

そして事務長にはベットの空きがないという理由で断られるのであった。

そこで晶が毒島院長に電話をする。

「毒島院長、六坂元彦という患者覚えていますか?10年前あなたが見捨てた患者ですよ。あのとき外科部長だったあなたに入院も手術も断られて結局、大門診療所で手術を受けたんです。結果、10年間元気に暮らしていましたが、1ヶ月前、肝門部に腫瘍が見つかったんです。」

「それはお気の毒に。それで、私にどうしろとおっしゃるんですか?」

「まさか、二度も見捨てるようなことをなさらないですよね…?」

この晶さんの電話により、院長の特患となり、特別室へ通されるのであった。

実は毒島と晶、そして未知子の父親は大学の同期だったのである。

六坂の検査結果

「こんな立派な部屋もったいないよ、助からないとわかってるのに」と後ろ向きな発言をする六坂さんに

「検査してみないとわからない」という未知子。

どこの病院でも手術出来ないと言われたし、3年前に女房に先立たれたし、こうしてみっちゃん(未知子)にも会えたしと悔いはないという六坂にとにかく検査しようという未知子だった。

院長代理回診から帰った鳥井教授のもとにパリ国際会議の選考委員会から電話がかかってくる。

鳥井教授の論文が認められ、パリで発表できるというものだった。

有頂天のところに大門未知子がやってくる。

六坂さんの手術をすぐにしたいため、オペのスケジュールに入れてほしいとの相談だった。

キミの患者なら任せるよ、と慎重派の教授にしては珍しく、二つ返事でオーケーする。

神妙な面持ちで放射線科の白木から鳥井教授に早く検査結果を見て、CT検査してほしいと電話が来る。

検査をした結果、肝門部胆管癌、腫瘍は3㎝、ステージ2(もう少し進んでる)

白木は一刻も早い手術をすすめるが、このことは誰にも言わないでほしいと懇願する鳥井であった。

その一方、術前カンファレンスで六坂の詳しい検査結果が発表となった。

肝門部近くに腫瘤が認められ、腫瘍は6㎝。肝門部胆管癌ステージ3

鳥井教授と同じ箇所の癌。

未知子が私がやりますというと、加地が経験が必要だから自分が執刀するという。

病院長の特患だから加地にお願いしようという流れだったが、詳しく写真を見た加地は出来ないと言い出す。

それを聞いて自分のことのように、落ち込む鳥井。

でも私、失敗しないのでという未知子に、鳥井は自分のことのように、可能ならば執刀したまえと言い放ち、他の医局員がざわめいた。

六坂に明後日手術することを伝える。

ほんとに切ってくれるのか?と泣きながら喜ぶ六坂。

俺、まだ生きられるのか…やっぱりみっちゃんは大門先生の娘だと感激する。

六坂の最後の夜

その夜、六坂が意識混濁したとの連絡を受け、病院へ走る未知子。

病室に到着すると、森本と談笑している六坂の姿が…

森本へ怒った表情の未知子に、六坂が本当なんだと説得し、せっかくだから楽しく盛り上がろうと諭す。

昔話をしながらトランプを楽しむ3人。

そこへ看護師の小池が夜の見回りへ。

隠れていたが見つかり、4人でトランプを楽しむのであった。

その後、未知子がERからの緊急オペ要請があり、手術室へ。

そして朝になり、小池が六坂の部屋へ向かい、カーテンを開けるとトランプを持ちながら亡くなっていた。

未知子の本音

手術後、いつものガムシロプを飲むことなく、テラスで外を眺めている未知子に加地が話しかける。

「お前のあの患者、昨夜は元気で笑ってたんだって?」

「。。。」

「なんとか言えよ。」

「悔しいです。後3日早く手術していれば助かったのに。悔しいです。」

「外科医はみんなそういう経験しているし、お前も慣れてるだろ?」

「いいえ、慣れません。。。悔しいです。私、病人嫌いなんですよ」

「じゃあなんで医者になったんだよ?」

「病人嫌いだから外科医になったんです。切って絶対に助けたいんです。」

思いの丈を素直に話す未知子。

最後に「この病院にもうひとり六坂さんと同じ病状の患者さんいますよ」と言い残し、去って行くのであった。

大門未知子は手術を失敗したのか

手術をする前に亡くなったので、手術は失敗してません。

ですが『私、失敗しないので』

という未知子の専売特許の台詞からすると『失敗した』というのが考えられます。

「手術を3日早くしていれば…」と後悔してる点からも失敗したかのように思えますし、見る人それぞれの解釈になるかと思います。

未知子自身は、手術が失敗していなくても、「悔しい」と何度もつぶやくこと、そして表情からも失敗したように見受けられましたね。

ではなぜ、未知子は『私、失敗しないので』と言うのか、晶さんが2回に渡って話しているので、検証します!

『私、失敗しないので』という理由その1:未知子の覚悟

シーズン3エピソード8の話です。

権力に勝ちたいという邪悪な気持ちで、突然夜中に高級マンゴーを手土産に神原名医紹介所にやってきた海老名(遠藤憲一)。

【生体肺移植】の患者の手術を『私が執刀してやってもいい、専門外だがスキルはある。』

そして『お前を第一助手にしてやる』という海老名。

『権力争いの加担はいたしません!』という未知子に、そんなんじゃないと反論するが、すぐに逆ギレ海老名。

『フリーターの前に何がわかる?』と暴言まで履く始末。

見かねた晶さんが銭湯へ誘います。

そこで海老名に『未知子がどうしてああいう無謀なことを口にすると思いますか?「私、失敗しないので」』

覚悟なんですよ。患者は一回失敗されたらそこで終わりなんです。でも医者は次、失敗しなければいい。』

『でもまぁ、普通医者っていうのは、、、』と口をはさむ海老名に、

『つまり未知子はそういう普通の医者ではないということです。

そんなうちの未知子に向かって、「俺がやってやる?」「助手につけてやる?」ふざけないでいただきたい!』と一喝する晶さんでした。

『私、失敗しないので』という理由その2:完璧な準備をする

シーズン5エピソード10の話です。

【後腹膜肉腫ステージ3】未知子が病で倒れます。

若手外科医、西山(永山絢斗)が手術をすることになりますが、途中で行き詰まってしまいます。

そこで晶さんが鞄から1冊のノートを取り出し、アドバイスするというシーンで、『私、失敗しないので』のエピソードが晶さんより語られます。

『未知子は手術の術式と手順をノートに。起こりうるすべてのケースを予測して完璧な準備をする、それが大門未知子が失敗しない理由です。』

このエピソードの詳しい記事はこちらです。

あわせて読みたい
ドクターX2021大門未知子は病気で倒れて死んだ?シーズンや何話のいつ? ドクターX、大門未知子はいつも元気で明るいイメージがありますが、実は生死を彷徨う大手術をしていました! なぜそんな大手術になったのか? そして誰がそんな大手術を...

まとめ

この記事では今現在、シーズン7までの間に患者が亡くなった回の紹介でした。

ドクターXは未知子の名言や素直な気持ちに心打たれることが多々あります。

その一つ、『私、失敗しないので』についても書いてみました。

晶さんが弟子への温かい言葉に胸打たれますね。

ぜひこれからのドクターX、大門未知子の『私、失敗しないので』に注目して楽しみましょう!

お読みいただきありがとうございました。

神原晶が病気で生死をさまよった回の記事はこちらです。
ドクターX2021神原晶さん死亡説はホント?正体はいったい何者なのか?

大門未知子が病気で倒れた回の記事はこちらです。
ドクターX2021大門未知子は病気で倒れて死んだ?シーズンや何話のいつ?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる