ドクターX大門未知子がお金がない理由は親の借金!総額いくらなのか調査

大人気ドラマ、ドクターX~外科医・大門未知子~は高視聴率を叩き出す、米倉涼子さん主演の大人気ドラマ。

テレビ朝日系列の人気シリーズ化されてます。

シーズン1から10年が経過し、2021年現在ではシーズン7となりました!

今回は大門未知子の『お金』についてフューチャーしていこうと思います。

そこで大門未知子の『お金』はマネージャーである、神原晶が管理していたように思えますが、それは父親の借金が関係していることが分かりました。

そして借金は返済し終わっていることも判明!

晶さんにネコババ疑惑が浮上していました。

この記事では過去の作品のあらすじを用いて、大門未知子のお金がない理由と借金返済後のお金について書いていきたいと思います。

ですので過去のネタバレになりますので、ご注意下さい。

目次

大門未知子のお金がない理由:父親の借金だった

大門未知子のお金がない理由、それは父親の残した借金が原因でした。

その借金主は未知子の師匠で、神原名医診療所のマネージャー、神原晶だったのです。

神原晶と大門未知子の父親とはどういう関係だったのでしょうか!

大門未知子の父親とは?:大門診療所の外科医

未知子の父親、大門寛(だいもんひろし)は未知子と同じ外科医でした。

大門診療所という海のそばでクリニックを開院していました。

晶さん曰く、大門寛は本物の医者だった、手術のセンスは抜群だったと話しています。

ではなぜ借金まみれになってしまったのでしょうか?

2012年11月29日放送、シーズン1エピソード6で話しています

大門診療所を潰したのは毒島だろう?

『まぁね、大門診療所から紹介された患者を徹底的に拒絶して入院も手術もさせなかったの。

大学病院とコネの切れた町医者なんか哀れなものよ。』

なんでそこまで徹底的に潰しにかかったんだ?

『毒島が外科部長の選挙にでたとき、ほらお金が必要でしょ?

色んな所から資金を募って、同期だった大門診療所にも打診した。

ところが大門先生は断った。

毒島の外科医としての品性を見抜いていたからよ。

外科部長となった毒島はそれを根に持って、他の関連病院にも根回しした。』

晶さんはなんでそんな詳しいの?

『、医大の同期だったのよ。』

未知子のお父さんと同期ってことは毒島とも(同期)?

『そう。毒島は権力が大好き、私はお金が大好き、大門寛だけは本物の医者だった。

診療所の借金抱えて未知子も大変だったのよ。

だから私が肩代わりしてあげたってわけ。』

麻雀をしながら診療所の医者たちの会話です。

毒島が潰したようなもんだろう?という問いもありましたが、後の回で毒島本人はそれを否定しています。

ですが、シーズン1の最終話では否定も肯定もしていません。

ここからは2012年12月13日、シーズン1エピソード8(最終回)での話です。

神原名医紹介所に毒島が未知子に話があるとやってきます。

『あなたの手術をみて、昔の仲間を思い出しました。あなたのお父様です

彼は患者が誰であろうと教授連中がなんと言おうとそこに患者がいれば切って助ける。

そういう外科医でした。

手術の腕も天才的で、私も同じ外科医としてお父さんに嫉妬してましたよ。

お父さん譲りですね。

しかしその若さであれだけの技量を身につけるのは並大抵のことではない。

おそらく想像を絶する修行を積んだんでしょうね。

凄まじい数の手術場を渡り歩き、血反吐を吐くような努力をしたことでしょう。

お父さんのお墓はどちらにありますか?』

あなたが潰した大門診療所のそばです。

『(目をつぶり、下を向き)そうですか…

大門くん、良ければ私と一緒にお墓参りに行ってくれませんか?お願いします。』

頭を下げる毒島に

いたしません

去る未知子でした。

認めたわけではありませんが、否定していない様子から毒島自身も思うところがあったのでしょう。

ではその借金はいくらだったのでしょう?

シーズン1の最終話では借金がまだまだあるのよと話していましたが、総額いくらだったのでしょう?

借金の総額はいくら?:1億円オーバー

借金の総額はドラマの中では出てきません。

ですがシーズン2の最終話で借金の金額について話しています。

蛭間から未知子を当帝大の医局員として迎い入れたいという話があります。

その金額がとんでもない額!

まず契約金として5,000万!!年俸前払いで5,000万!!

合わせて1億円です!一括振り込み!!

未知子に話すと、淋しげにオーケーします。

そうです、医局員になるということは、神原名医紹介所を辞めるということなのです。

それで借金チャラになるの?

という未知子の問に、そうねと答えたいます。

ですが、未知子は断るのでした!!

シーズン2の最終回で残り1億とのことですので、借金は1億円以上だったということですね!

大門未知子の借金返済後は晶さんがネコババ?:大門未知子の病院を作ることが目的だった

借金返済の話がでるのはシーズン3エピソード10です。

晶さんがネコババしてるんじゃないかと未知子は疑いをかけます。

借金は返済してもらった。

今はそのお金を未知子のために貯めているというのです。

では何のために貯金しているのでしょう?

大門未知子の病院を建設予定だった:総額2億円

国立高度医療センター総長の天童から、手術代を前払いで支払っていると聞かされ、未知子は晶さんがネコババしていると疑う。

ここからは晶さんの話です。

『借金は全部変えしてもらった。だけどネコババなんてするわけないじゃない。

未知子には黙っていたけど、壮大な計画があるの

未知子が思う存分手術できるように、最新の医療設備を揃えた最高の外科病院を作ろうと思っているのよ。

そのために、未知子が稼いだ手術代からプールしてあるの。』

そうなんだ…じゃあなんで黙ってたの?

本当にいい外科医は金勘定なんか考えないで。目の前の患者さんを救うことだけに全身全霊をかけてほしいの。

そのお金ってどこの銀行に預けてるの?

通帳はないの。銀行は信用できないから然るべきところにあるの。

そんなの信用できない!と家出する未知子でした。

2億円の行方は?:銭湯の月極コインロッカーの中だった

では本当にネコババしていたのでしょうか??

それは2014年12月18日放送、シーズン3エピソード11(最終回)で真相が語られています。

晶さんがいなくなって、1人寂しく銭湯へ行く未知子。

そこで銭湯のおばちゃんから『ねぇ、あんたの連れ、最近来ないね。月極のロッカーの代金、未納なのよ。いい加減に整理してよ。』

未知子は男2番のロッカーを開けると、そこから土地の登記済権利証大門未知子外科病院の設計書が落ちてきたのです。

晶さんの話は本当だったんですね。

そしてなんとその億には札束が!!

総額2億円!!!

銀行は信用できないと言ってましたが、まさか銭湯のコインロッカーとはさすが晶さんですね。

そして未知子はそのお金は病院建設ではなく、宇宙旅行に使ってしまうのでした!

この回は晶さんの生死がかかった大手術。詳しい記事はこちらになります。

ドクターX2021神原晶さん死亡説はホント?正体はいったい何者なのか?

まとめ

この記事では未知子の『お金』にまつわる記事を書きました。

その後のシーズンでは『お金』については話には出てきませんが、小銭しか持っていないところ、10万の服を買いたいから給料前借りさせてと晶さんに頼んでいるところから、借金がなくなっても給料はさほど変わらずなのかな?と想像で来ますが、そもそも借金があると言っていたシーズンからも衣服にかけるお金は高額でしたね。

昔のシリーズは手術以外にもこうした人間のバックボーンが描かれていていることが多く、今でも楽しめます。

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる