ドクターX2021大門未知子は病気で倒れて死んだ?シーズンや何話のいつ?

ドクターX、大門未知子はいつも元気で明るいイメージがありますが、実は生死を彷徨う大手術をしていました!

なぜそんな大手術になったのか?

そして誰がそんな大手術をしたのか、気になりますよね…?

晶さんは医師免許、持ってないし、博美は麻酔科医ですし…

この記事では、未知子の病気について、誰が執刀したのか、そしてどの回だったのかを詳しく紐といて行きたいと思います。

未知子のバックグラウンドを知ることで、2021年シーズン7のドクターXも楽しめること間違いなし!!

あわせて読みたい
ドクターX2021年第7シリーズの登場人物一覧まとめ!新キャストについても紹介 テレ朝系大人気シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』最新シリーズが10月より木曜、21時から始まります。 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライ...
目次

ドクターX大門未知子が病気で倒れた

引用:ドクターX公式HPより

未知子が倒れたのはいつのシーズンの何話?

この話は2017年シーズン5のエピソード9のエンドロール終わりから始まります。

東帝大学病院にて、博美の娘、舞と同じバレエ教室だった九重遥ちゃんの手術が終わり、博美とショッピングを楽しむ未知子。

博美が振り返ると倒れた大門未知子が!

ここでエピソード9は終わります。

こんなところで来週持ち越しなんて!!と思った人は多かったはず。

次のシーンはシーズン5エピソード10、最終回。

晶さんが目黒中央病院へが走る姿から始まります。

そして神原名医紹介所へ。

未知子の病名: 後腹膜肉腫 ステージ3

MRI画像をみて、 後腹膜肉腫ステージ3。腹部大動脈周囲に13cmの腫瘍。

未知子は冷静に話します。

「このままだともって3ヶ月か…」

博美と晶さんは日本では手術できる人がいないので、海外へ行こうと誘いますが、未知子は何かを悟っているような面持ちです。

後腹膜肉腫とは?

胃や腸、肝臓などのおなかの臓器を包む膜である腹膜の後ろ側の空間(後腹膜腔)に発生する悪性腫瘍

未知子の気持ち

内神田会長の食道がんの手術を引き受けた未知子。

オピオイドを投与して一時的に痛みを押さえれば、長時間の手術も可能だと言いますが、周りは自分の身体のことも考えてと気を使います。

そんな気遣いにもお構いなく、そして全く体調の悪い素振りも皆には見せません。

ですが、博美には心許して話をする未知子の姿がありました。

「患者になるって意外と怖い、知らなかった」

強がって笑う未知子の姿が痛々しく、苦しいぃ~

だけどすぐにいつもの未知子に戻ります。

博美に「何かやっておきたいことはないのか?」と聞かれ

「ないな、だって自分は死ぬなんて思っていない

「私は今までどんな難しいオペでも患者を見捨てたことはない、今回もそう、患者が自分自身であっても…」

強いな、カッコいいなと思ったのは私だけじゃないはず!

凛として博識高く、改めて大門未知子というカッコいい女性像を見せられた気がします。

大門未知子の執刀したのは誰?

内神田会長の手術は4時間の予定が時計は6時間10分。

終了と同時に未知子が倒れます。

未知子に執刀の指名されたのは西山直之先生!

加地先生が「オレが執刀する」と言いますが、未知子が執刀医に指名したのは若手外科医の西山先生。

苦しみながら「大丈夫、私患者でも失敗しないので」そう言い、気を失います。

手術が始まりますが、思った以上に腫瘍は進行しており、上腸間膜動脈、腹腔動脈、大動脈にも浸潤性の腫瘍が見られるとのこと!

どうするの、執刀医!の博美の声に西山先生は

「術式を変更します、大動脈全摘出による腫瘍全摘出、そして人工血管を置換します」

未知子のようなことをいう、西山。

「なんで大門がお前を指名したか、分かった気がする」と加地先生がその術式で行こうと賛同します。

ですがまた難関が!

「大動脈裂孔まで大動脈が乖離している」

これでは人工血管での置換が困難。

「これまでかよ…」

「もう無理です…」

「そんな…」

完全にあきらめムード。そこにいた皆が落胆した表情です。

未知子はこのまま終わってしまうのか…

そんな時、晶さんの声が!!

「もし、大動脈解離の範囲が広い場合はハイブリット血管を使って置換する、未知子が書いてるわよ」と。

大門は自分の手術の術式と手順をノートに書いていました。

あらゆるケースを予測して、完璧な準備をする、これが大門未知子が失敗しない理由だったのです。

未知子は死んだのか?

そして手術シーンは回想とともに消え去り…

晶さんが蛭間院長への集金のシーンに。

え?手術、どうなったの?生きてるの?死んでるの??

心の声が止まらない!!そわそわしますよね~

その集金のシーンで蛭間院長の気になる一言が!

最後だからあなたのいい値でお支払いしようかな」

え?最後なの??

「それにしても大門未知子は残念だったねぇ」

ええ??残念だったって何??

もっともっといっぱいオペしたかっただろうになぁ」

えぇぇーーーーーーー!!!!!大門未知子死んだの??
勝手にいつもの通り死なないだろうと思っていたのに、そんな事ある??

晶さんまで

これもあの子の運命なら仕方ありません

そんな悲しく終わるんだ…

そして別のシーン。未知子の話ではなく内神田会長と蛭間院長が逮捕されてしまったのです。

そのニュースをどこかのビーチでみる晶さんとベン・ケーシー。

「未知子とはここから始まったのよ」

なんていうもんだから、未知子の死が決定的だと思われた瞬間!!

さぁ、また始めるわよー

と映し出されたのは、キューバ・クバナカン医科大学病院

そう、未知子は生きていました!!

すごい演出ですよね、自分の感情の起伏についていけません。

このドラマの人気の理由ですね、一気に感情移入し、見入ってしまいました!

まとめ

この記事では未知子が倒れたシーンを中心に書いてみました。

①未知子の病気について

②手術について

このシーンは2017年シーズン5エピソード10です

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる