ドクターX2021第1話ネタバレ!大門未知子が倒れたけどその後どうなる?

米倉涼子さん主演、テレビ朝日ドラマ『ドクターX第7シリーズ』が10月14日に放送されました。

なんと平均世帯視聴率が19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と同時間帯横並びトップで好発進!

ドラマ出だしも、大門未知子が感染対策されたストレッチャーに乗せられているシーンから始まり、インパクトが凄かった。

大門未知子がどうなっちゃうのか、心配な回でした!

さてこの記事では、第1話のネタバレ、大門未知子が倒れたシーンについて書いていきたいと思います。

来週のためにおさらいしましょう!!

あわせて読みたい
ドクターX2021年第7シリーズの登場人物一覧まとめ!新キャストについても紹介 テレ朝系大人気シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』最新シリーズが10月より木曜、21時から始まります。 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライ...
目次

ドクターX第7シリーズ第1話:ネタバレ

感染対策されたビニールのかかったストレッチャーに乗せられている大門未知子

周りには、海老名、加地、博美、神原、看護師の大間

3ヶ月前、ニュージーランド

ニュージーランドの副首相の手術のために、大門未知子はニュージーランドの牧場にいた。

その牧場へ一木蛍(岡田将生)という呼吸器外科の医師がオペ2時間前だと急いで迎えに来た。

のんきに羊と戯れる未知子。

そんな時、その牧場のオーナーが感電し、子供が未知子にヘルプを求めに。

すでにオーナーは感電による心停止。

未知子はショベルを使って、心臓に電気ショック。

見事、その牧場のオーナーを助けることが出来た。

その後、首相の手術も無事終了し、晶さんからのテレビ電話で帰国することに。

一橋由華(冨永愛)の手術

帰国後、参議院議員・一橋由佳(冨永愛)の主催するパーティに晶さんと出かける。

そこにはニュージーランドで会った一木の姿が。

実は一木は一橋由佳の主治医だったのだ。

そこで一橋のCT画像を見る。

「なーんだ、ただの胆石じゃん」と言っていた未知子だが、どんどん顔が険しくなる。

実は急性胆嚢炎、胆のうがんの疑いがあったのだ。

そして未知子の前で一橋が倒れ、一木とともに『東帝大学病院』へ搬送。

緊急オペを決行しようとするが、内科部長の蜂須賀隆太郎(野村萬斎)に止められる。

「100%完璧な手術をすると誓いますか?98でも99でもなく100%でなければなりません。」

私、失敗しないので

手術を見学している蜂須賀は驚きを隠せない。

これは99%どころか、これこそ100%だ!

無事手術は成功。

未知子の勤務条件

蜂須賀は未知子を調べ、一木とともに『東帝大』へ向かい入れることにした。

ここで未知子の勤務条件がマネージャーの神原晶より配られた。

「教授の論文のお手伝い…いたしません」

「学会のお供…いたしません」

「ゴルフの送迎…いたしません」

「飲み会のお付き合い…いたしません」

「愛人の隠蔽工作…いたしません」

「院長回診、分院長回診…いたしません」

なんか増えてますよ、と加地。

「リモート会議のホスト…いたしません」

「リモートのパソコントラブル解決のお手伝い…いたしません」

「リモートのWi-Fi接続のお手伝い…いたしません」

「リモート飲み会のお付き合い…いたしません」

リモートでも『いたしません』かよ!とリモートでの会議参加中の外科分院の総ツッコミ。

一木蛍(岡田将生)の手術

会議の終盤に看護師が慌ててやってきた。

先日の一橋が開いたパーティでクラスターが発生

一橋は陰性だったので退院しようとするが、クラスターが発生した以上、しばらく隔離が決定。

話をしている最中、一木の変化に気づく未知子。

二人で話しているときには首に痣を発見した。

ずっと脇腹が痛いと一木も自覚する症状があった。

病気を調べる未知子。

彼のアフリカを回っていたという話から、予測をつける。

一方、未知子に相談し一木は退職を決意し、海老名外科部長のもとへ退職願いを提出。

そこへ防護服に身を包んだ未知子が現れ、無理やり検査へ連れて行く。

微熱症状もあるが、風邪気味、疲れが溜まっていてなかなか治らないでいると一木。

本当に大丈夫だと未知子の手を振りほどき、帰ろうとした瞬間、そこで一木は倒れてしまう。

そこへ駆けつけた、海老名と加地に触るな、近づくなと未知子はいう。

急性心膜炎の疑い。

オペ室を開け、感染を心配した未知子は一人で手術を開始。

そこへ、海老名、加地とともに、麻酔科医・城之内博美、看護師・大間正子が手伝いたいと手術着でやってくるが、未知子は「出ていけー」と追い返す。

そこへPCR陽性の結果が届く。

俺らはコロナの変異ウイルスぐらい覚悟の上だ

コロナじゃない、ラッサ熱。

それを聞いた海老名、加地は真っ先に逃げ出す。

そして一人で手術を開始する未知子。

血圧が下がりだし、大動脈破裂を疑う未知子。

だが、なかなか破裂した箇所を見つけられずに焦っていた。

そこへ神原晶が到着し、「一時的に心臓を停止し、破裂箇所を探すの」

城之内が心停止時間3分をはかる。

タイムウォッチが2分を過ぎたところで心臓が動き出してしまう

やっぱりコントロールできないのか。。。

未知子がいそいで破損箇所を縫っている最中、心臓から血が吹き出し未知子の顔にかかってしまった

未知子は血で見えなくなったゴーグルを外し、手袋さえも取り、素手で心臓を探る。

無事、破裂部位の修復は完了し、手術を終えた。

そして未知子は自主隔離に入る。

神原晶はいつものごとく蛭間分院長の元へ請求にメロンを持ってやってきた。

高額な請求に、大門を雇ったのは蜂須賀なんだから蜂須賀に請求をしてと拒む。

そんないざこざなやり取りの最中、一橋が現れ、支払いをするという。

その帰り、自主隔離中の未知子のところへ巨大たいやきを持って窓越しに面会へ。

たい焼きに喜びもつかの間、頭が痛いと未知子は晶さんとの窓越しに倒れてしまう。

ストレッチャーで運ばれる未知子。

サチュレーション、90%切った!!

私、感染したの?」

ドクターX第7シリーズ第1話:終了後の米倉さんからのコメント

高視聴率を受け、大門未知子役、米倉涼子さんがコメントを発表しました!

感染対策をしながらの厳しい撮影環境の中でキャスト、スタッフ一丸となって頑張ってきた結果、多くの方々に見ていただけたことが本当に嬉しいです!

10年目の大門未知子役!

今はとにかく最後まで精一杯走り切るつもりです!

まだまだ今後も予断を許さない情勢ですが、その中で毎日頑張っていらっしゃる皆さんに少しでも頑張ってもらえるように、これからも頑張りますので、どうぞ最後までご覧いただけると嬉しいです!

引用:Yahoo!Japanニュースより

まとめ

いよいよ始まりましたドクターX。

出だしから未知子が倒れるというインパクトが強い!!

コロナ禍で、まさに今の医療頻拍の状態を織り交ぜられているのが印象的でした。

苦しもがきながら戦っている医療現場の方々に誠意を表しながらも、そんなコロナに負けないよう、明るく笑い飛ばしてくれるようなそんな表現がいくつも織り込まれていました。

倒れた未知子は一体どうなってるのでしょうか?

来週の放送を楽しみに待ちましょう!!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる