ドクターX2021年第7シリーズの登場人物一覧まとめ!新キャストについても紹介

テレ朝系大人気シリーズ、『ドクターX~外科医・大門未知子~』最新シリーズが10月より木曜、21時から始まります。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子。

「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの米倉涼子演じる”異色・孤高・反骨の天才外科医”がこの秋2年ぶりに復活します。

今回の第7シリーズの舞台は、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。

「東帝大学病院」といえば、おなじみのキャラクター濃い面々が出演するのでは?と思い、早速調べました。

この記事では、ドクターX、第7シリーズのキャストを一覧にしてみました!(2021年9月現在)

読み終わると。2年前のドクターXの面々を思い出して、10月からの新シリーズも楽しめること間違いなし!

ドクターXを一緒に盛り上げていきましょう!

目次

ドクターX 第7シリーズ キャスト一覧

大門 未知子(だいもん・みちこ)

大学病院の医局には属さず、怪しい「神原名医紹介所」に所属しながら、様々な病院を歩き渡いているフリーランスの外科医。

勤務時間は絶対厳守。医師免許不要の雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。

自身も自分の腕に絶対の自信を持っている。誰に対しても物怖じせず、言いたいことを口にするため、医局の面々とは折り合いが悪い。

趣味・特技が手術だが、手術以外のことにはもっぱら弱い。

病院勤務のみならず「船医」「軍医」まで経験したという噂もあり、意外なところに人脈を持っている。第5シリーズでは後腹膜肉腫を患い、余命3ヶ月と診断されるが、奇跡の生還を果たした。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)

フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。「

帝国医科大学附属第三病院」に勤務していた頃に未知子と出会ったことで、フリーに転身した。

現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。

第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵癌を患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

海老名 敬(えびな・たかし)

「東帝大学病院」の外科部長。

蛭間をはじめ権力者にひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で”名ばかりの執刀医”となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったり…と未知子のおかげで評価を受けてきた。

第6シリーズでは蛭間から解雇処分を受けたが、今の蛭間への絶対服従は不動。その一方で、紳士に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

加地 秀樹(かじ・ひでき)

「東帝大学病院」外科副部長。第6シリーズでは教授に昇進するも、蛭間から解雇処分を受ける羽目に…。

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。

未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学附属病院 高松第24分院」に左遷させられるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

原 守(はら・まもる)

「東帝大学病院」外科医。「帝都医科大学附属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。

ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などでの勤務を経て、「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない反面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。

第6シリーズでは、蛭間から解雇処分を受けた。

神原 晶(かんばら・あきら)

「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。

大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。

第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

いつも一緒の猫の名前は「ベン・ケーシー」

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)

「東帝大学病院」の外科分院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。

未知子に対して、積年の恨みを抱いている。医療会のトップに君臨するのが夢。

第6シリーズのラストでは、 「東帝大学病院」病院長の座をボストンハーバード医科大学のマッカトニー教授に奪われた上に、解雇されてしまった。だが、その後も虎視眈々と病院長復帰の機会を狙い続け、「外科分院長」として 「東帝大学病院」に返り咲く。

大間 正子(おおま・まさこ)

看護師として高い志をもつ頑張りや。

新人だった前シリーズでは青森の実家へ仕送りをするため、他病院やガールズバーでの夜間バイトにも励んだせいで、ミスを連発…。当時は半人前だった。

ところがその後、未知子のオペを手伝ったことで開眼!!ついに未知子からも一人前と認められて、看護師1本でやっていこうと決意したのだが…。

まだメインキャストのみの発表の段階で、この方「大間正子」さんのキャストだけがピックアップされているのはキーマンになる方なのか。。。ストーリーが楽しみです。

前回の青森弁は封印して、都会感のある大間正子になるとのことで、注目ですね!

ドクターX 第7シリーズ 新キャスト

蜂須賀 隆太郎(はちすが・りゅうたろう)

今発表されている唯一の新キャスト、未知子の史上最大の敵、蜂須賀隆太郎です。

100年に1度のパンデミックが猛威を振るう新シリーズ。世界中で医療崩壊が起こる中、今や「東帝大」は感染治療と内科を最優先、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、メスと使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭し、病院を牛耳ろうとしています。

この舵をとっているのが、野村萬斎演じる内科部長・蜂須賀隆太郎。実は蜂須賀、院長代理も兼任する元・外科医。超がつくほどの完璧主義者ゆえに、たとえ98点もしくは99店のオペでも自分を許せず、内科に転科した人物なのです。

旧態依然とした外科手術をゼロにし、「薬治療」と「ケミカルサージェリー」を軸とした内科主導の組織改革を目論む蜂須賀。そんな彼は、未知子の「失敗しない」オペを目の当たりにし、内科の実験的先進医療の道具として利用しようとするのですが…。

引用:ドクターX 公式HPより

まとめ

このブログでは、キャストを一覧にして書いてみました!

これから相関図や新キャストもぞくぞく発表となると思いますので、また発表され次第、更新していきたいと思います。

私も大好きなこの『ドクターXシリーズ』。

アマゾンプライムで前シリーズを復習しておこうと思います(笑)

『ドクターX~外科医・大門未知子』は2021年10月から、木曜21時よりテレ朝系列で放送です!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

目次
閉じる