子供にピアノを習わせたい!何歳からピアノが弾けるの?ピアノはすぐに必要?

子どもをピアノを習わせたくて・・・そう言ってレッスンに来るのは早いと3歳、遅いと高校生が来ます。そしてピアノ講師をしていて、一番多い質問は

何歳から習わせたほうが良いのか?

何歳からレッスン見てもらえるのか?

習い始めるにはピアノは必要か?

これはもうプリントにして配りたいぐらい多い質問です!

このブログでは、何歳からがベストか、ピアノを習うための最低限の情報をお伝えできればと思います。

目次

ピアノを始める年齢

色々考えましたが、回りくどいとを言わず、ズバッと言ってしまえば、一般的には3歳以降が良いでしょうね。ピアノを習うという以前に先生と会話が成立するかどうかが大事です。月齢の差が大きい年齢ですので、そこはお母さんが先生と相談しながら見極めてください。

少し幼く感じ、でも私がフォローすればと思い、お母様も一緒にレッスン室へはいられるでしょうが、いちいちオウム返しでお母様が後ろから『○○ちゃん、先生がこくおっしゃてるわよ』『ちがうちがう、先生はね…』なんて挟まれてたらレッスンになりません。(いたんですよ、実際(^_^;))可能であれば、お子さんと先生のマンツーマンでレッスンできることが望ましいです。先生はプロですので、お任せしてみるのが一番だと思います。

そして大手音楽教室では、3歳(もっと前からありますが)はグループレッスンを取り入れてます。歌ったり、リズムを身体で体験したり、音楽を聴いたり…3歳という時期にベストマッチなレッスン内容になってます。特に聴力。この時期に身につけたい1番の力です。個人レッスンでもソルフェージュといって、この時期には歌を取り入れてる先生は多数いると思います。それをみんなで楽しく歌えるんです。身体を使ってリズムで遊べる…この時期ならではです。お子さんが好きならば、ぜひともこちらをオススメします。

何よりも楽しいことが一番です!楽しいから頑張れる、楽しいことがしたい!これが今後、年齢が上がるにつれ、もっとも大事なこと。練習への糧になります。

ピアノから始めるのは不安・・・という方人読んで欲しい!初めは楽しくみんなで一緒も良いですね!

あわせて読みたい
【ヤマハ音楽教室】幼児科とは?何歳から始めるの?個人レッスンではない?
【ヤマハ音楽教室】幼児科とは?何歳から始めるの?個人レッスンではない?ヤマハ音楽教室のCM、ドレミファソーラファミ・レ・ド♪は誰しも耳にしたことがあると思いますがどんな教室か、ご存知でしょうか?その曲を歌っているのがまさにヤマハ音...

楽器の購入について

さてこれは意外と返答に困る質問です。何の事情も考えずに答えてしまえば…『ピアノは必須。スイミングスクールに行くのに水着は必要ですか?と聞いていることと同じです!』というのが、ピアノ講師の本音ではないでしょうか!

さてではなぜ困る質問なのか…

まず、購入できない理由は【置けるスペースがない、もしくはマンション暮らしで置けない】が最も多い理由です。
置けるスペースがない…その答えはリビングがベストです。テレビの脇、空いてますよね?ママが見る場所に置くと、練習効果が高いので、一番は台所から見える位置にピアノを置けるといいですねと言いますが、がんがん練習するようになったら、迷惑だよなぁと思うのですが(笑)ピアノは気軽に運べませんから、置き場所は重要です。

問題はマンション暮らしの方。防音室付けるなんて大変なことですし、ゆくゆく音大目指します!なんて方は早く防音室をと話せますが、3歳には程遠い話です。ではどうするか。やはり、電子ピアノになりますよね。電子ピアノのデメリットの一つが将来的に大問題になりかねない、タッチの問題があります。タッチとはピアノを弾き方ですね。手の形から指の形、脱力の仕方、手首の使い方…電子ピアノではどうしても押せば音が出てしまうことから、変な癖がついてしまい、音色が作れない、早いパッセージが弾ききれないなど、年齢が上がってから問題が出てくることが多いです。

今は電子ピアノも各社いろんな性能があり、値段もピンからキリまでありますので、先生とよくよく相談の上、購入してくださいね!

番外編として、意外と多いのは『いつまで続くか分からないから、様子みてそのうち買います』
これはですね、その後買ったとしても長く続かない方によくあるパターンです。楽器がなく、練習もできなかったら面白くないですよね?そして導入というのは一番楽しく簡単に出来てるのに、その期間に反復練習する楽しさを身に付けず、難しくなってから購入しても、上手になんてなりません。なぜなら、反復練習の仕方を身につけてないから、反復練習の楽しさを知らないから…

ピアノはピアノが上手になるだけではないんです。練習を積み上げていくことで弾けるようになる努力すればなんでもできる、頑張ることができる子供になります。子供のうちに両手を動かすことが脳の発達に良いなんてよくテレビで見ますが、もちろんそうかもしれません。そこを否定する気はありませんが、それよりも頑張れる子、自分は頑張ればできると思える力を持ってることが生きる力として、必要ではありませんか?教え子でも、前向きに頑張れる子は本当になんでもできます。ご両親とも距離がすごく良いです。心の成長には最適な習い事だと思います。

楽器購入の話から熱くなってしまいましたが、ぜひ今一度購入に際しては熟考してくださいね!

まとめ

ピアノを習う上で迷うことがたくさんあると思います。まず大事なのは良い講師にめぐり合うことです。良い講師とは経歴が素晴らしい講師ではありません。自分の子供に率直に向き合ってくれて、真摯に話を聞いてくれる、寄り添ってくれるような講師が私は良いなといつも思っています。

ぜひ音楽を楽しんで始めてくださいね!応援しています♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

目次
閉じる