【幼児教育】「KUMON」「七田式」 能力開発! お家で出来るドリル

子供の家での過ごし方で悩んだことはありませんか?特に小さいうちは中々言うことも聞いてもらえないので、静かにしてくれるから「ついついテレビばかり」になってしまったりしますよね。

でも、お家での過ごし方で子供の能力に大きな差がついてしまうかもしれません。何となく「このままで良いのかな?」なんて思っちゃいますよね!?

今日は子供が夢中になれる学習アイテムについて紹介したいと思います。実際に、私が3歳・1歳の娘に買い与えて楽しそうにやっているものですので、同年代のお子さんには気に入って貰えるかもしれません♪さっそく行ってみましょう!

目次

「シール貼り」ドリル


KUMONの2・3歳向けの「シール貼り」ドリルです。1歳の娘のために購入しました。お姉ちゃんのマネをするのが大好きな妹はお姉ちゃんよりも早くシール貼りを始めたので試しに買ってみました。

課題は全部で30枚シール貼りのページが用意されています。1ページ終わる毎に「できたねシール」を貼って達成感を味わえるようになっています。表彰状も用意されていますので、全部終わったら親子でお祝いしましょう♪

手は「第2の脳」とも言われるほど色々な感覚が研ぎ澄まされている部位らしいです。確かに、ピアノ講師の経験上の話ですが、手先が器用な子ほどその他のことも器用にこなせる傾向にありましたね。

「シール貼り」の目的

・手先を細かく動かして器用さを身に付ける
・集中力を身に付ける
・指先の感覚を研ぎ澄ませ脳を鍛える

「数字」のドリル

七田式の2・3歳向けの「数字に慣れる・覚える」ドリルです。3歳の娘のために購入しました。数の概念は抽象的なので、子どもにはなかなか難しいようです。

課題は全部で44枚あります。前半はリンゴや動物などのイラストを使った具体的で親しみやすい内容ですが、中盤~後半では数字を書く訓練など難易度が高くなっています。

数字を覚えて書けるようにさせたかったので、中盤~後半部分は私の目的にピッタリ当てはまりました。特に「数字を書く」のはある程度繰り返し反復練習が必要になりますので、(親が)根気強くやることが重要かと思います。

「数字に慣れる・覚える」目的

・4歳から算数が始まるのでその準備
・抽象的な思考力を鍛える
・鉛筆で文字を「書く」習慣を身に付ける

「色塗り」のドリル

KUMONの2・3歳向けの「色塗り」ドリルです。1歳の娘のために購入しました。既にクレヨンに興味を示して落書きはしているので、一歩進めるような感じでしょうか。

課題は全部で38枚あります。イラストの一部が空白になっていてそこを周りの色に合わせて塗る色塗りです。とても簡単なので一緒にやってあげれば1歳の娘にもできちゃいますね♪

1ページ終わる毎に「できたねシール」を貼って達成感を味わえるようになっています。表彰状も用意されていますので、全部終わったら親子でお祝いしましょう♪

「色塗り」の目的

・筆記用具に慣れされる
・ワークの楽しさを覚える
・(主に親が)達成感を味わう

「アルファベット」のドリル①

KUMONの3・4・5歳向けの「アルファベット」ドリルです。3歳の娘のために購入しました。プレスクールの冬休み中に特に課題が出なかったため購入しました。普段は毎日1枚課題が出される学校なので、ワークの習慣を切らせたくなかった私が娘に与えたものです。

課題は全部で39枚あります。いきなりアルファベットを書くのは難しいので、前半は縦・横・斜めなどの「線」を書くワークが中心です。線を書く訓練が予め出来ている子どもであれば前半は苦がなく出来るでしょうね。

中盤~後半は実際にアルファベットの書き取りです。最後まで行くとA~Zまでを書けるように構成されているので1つ1つ丁寧にこなしていけば一応書けるように工夫されています。ただ、ドリルには補助線が引かれているので白紙に書かせようとすると中々難しいのですが(笑)このドリルだけではなくて継続的な練習が必要ですね。

1ページ終わる毎に「できたねシール」を貼って達成感を味わえるようになっています。表彰状も用意されていますので、全部終わったら親子でお祝いしましょう♪

「アルファベット」の目的

・学校の英語の授業をフォローアップする
・アルファベットを記憶する
・アルファベットを書くことに慣れる

「ひらがな」のドリル

七田式の3・4歳向けの「日本語」ドリルです。3歳の娘のために購入しました。プレスクールでは「ひらがな」を始めとして日本語に触れる環境に無いため、敢えてひらがなを練習させようと思いました。「読み取り」の訓練です。

課題は全部で44枚あります。前半では「あ」と書いてある下に○を書くような訓練からスタートします。中盤くらいで「ひらがなの言葉」を理解できているか試されます。例えば、「りんご」というひらがなをりんごのイラストと結び付けられるか、というような感じですね。

ひらがなの「読み取り」が出来るようになると、本を自分で読めるようになります。

「ひらがな」の目的

・ひらがなの文章を読めるようになる
・絵本を自分で読めるようになる
・ひらがなを記憶する

「アルファベット」のドリル②

KUMONの4・5・6歳向けの「アルファベット」ドリルです。3歳の娘のために購入しました。アルファベットのドリル①よりも対象年齢が高く設定されていますが、セットのようなものなのであまり関係ないと思います。

課題は全部で39枚です。ひたすら、アルファベットの小文字と簡単な英単語の書き取りをする内容です。英語に慣れるにはとても良い内容だと感じました。小学校から英語を習い始める子供にもとても良いワークだと思います。

話し言葉として知っている英単語を「文字で理解する」のにピッタリですね。もちろん、反対に「文字で理解して」話してみるというのもアリです!

「アルファベット②」の目的

・①と基本的に同じです

「みぎのう」のドリル

七田式の3・4歳向けの「みぎのう」ドリルです。3歳の娘のために購入しました。正直に言うと、これはメッチャ難しかったです…(^_^;)

直感力や記憶力などが試される内容も独特なのですが、数字も10以上を理解していないとそもそも難しい内容になっており「七田式はレベルが高いのかな~?」という印象です。

今日ご紹介した7つのドリルの中では圧倒的にコレが難しかったですね。

「みぎのう」の目的

・想像力や記憶力を鍛える
・子供と一緒に楽しんでやる(クイズっぽい問題が多い)

まとめ

いかがだったでしょうか。学校の宿題もそうですが、毎日の小さな積み重ねが子供の「自信」や「楽しさ」につながるのではないかなと思っています。いまのところ、我が子も楽しそうにやっているのでイヤと言うまではこういうワークは続けてみようと思います。

お家にいる時間がどうしても多くなりがちな今日このごろなので、子供との時間の過ごし方の参考に慣れば嬉しいですね♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる