お年玉の相場ってあるの?何歳からあげるもの?

もう幾つ寝るとお正月~♪

そろそろお正月までカウントダウンが始まりましたね!ママたちは年末の大掃除に年始の買い出しに何かと忙しい週末を送っているのではないでしょうか?

年始のご挨拶がコロナの影響で少なくなりお年玉はなくなってしまうのか・・・なんて記事を目にしましたが、そもそもお年玉は何歳からあげるのでしょうか?相場がどれぐらいなのか、調べてみましたよ。

この記事を読めば、お年玉のことが丸わかり!!

目次

お年玉とは?

そもそもお年玉とは?

お年玉の語源は、正月に歳神を迎えるために供えられた、丸い鏡餅が家長によって分け与えられ、その餅が「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたから、とする説がある。つまり、その1年を生きるために必要な、歳神の霊魂=生命を、子供に分け与えることで、(強い生命力には魔=災厄を退ける力がある)子供の無事な成長を願う、宗教的な意味がある。
またこれを年のありがたい賜物であるとして「年賜(としだま)」と呼ばれたからとする説もある。

ウィキペディアより

お餅つき、そして雑煮を食べる文化はここからきているんですね。魂を分けてもらっていたとは・・・家長が切るというのは、我が家でも父が餅を切っており、それは力があるからだと思いこんでいましたが、こんな理由があるとは驚きです!!


お餅とは露知らず、昨今のお年玉は子どもたちのお楽しみイベントですね。昔は玩具を渡していた説もあるぐらいですから、子どもたちがお年玉を使って玩具を購入するのもあながち間違いではない文化です!

そして金銭を渡すようになったのは昭和30年代から。『ALWAYS 三丁目の夕日』の時代ですね♪高度経済成長期はお年玉まで生んでいたとは・・・

お正月に子どもたちへ話の種にぜひ!

お年玉の相場は?

住信SBIネット銀行さんの調べです!

◆年齢

住信SBIネット銀行HPより

 0歳が多いのは初めてのお年玉ということであげる方が多いようです。初節句・初正月でしょうか?

◆金額

住信SBIネット銀行HPより

未就学児には1,000円、小学校の間は1,000~5,000円と上がります。ですが、中学高校は5,000~10,000円台が多く10,000円までなのかなといった印象ですね。

お年玉のマナー

実はお年玉にはいくつか、マナーがあります!

ポチ袋に入れる

売買以外のお金は裸では渡せませんので、ポチ袋を用意しましょう。今は色んな種類が売っていますね。キャラクターのものから面白いポチ袋まで、選ぶのも楽しみの一つですね!大人気の鬼滅の刃のポチ袋もありましたよ!

お札の折り方・入れ方

肖像画が内にくるように3つ折にし製造番号を下にして、入れる。逆さまにならないように気をつけましょう。

新札を用意しよう

絶対新札じゃなければダメということではありませんが、新年を迎える準備として、そしてあなたのために準備してきたんだという意味合いを込めて新札にしましょう。お祝い事には新札が良いですね。

銀行に間に合わず、用意できなかった場合にはキレイ目のお札にしましょうね!

目上の人にはお年賀を準備しましょう

会社の上司はもちろん、両親や祖父母の場合です。お年玉は目下の人に渡すものです。お金を入れる場合でもポチ袋にはお年賀と書いて渡しましょう。上司の方のお子さんに渡す場合もお年賀になりますので、お気をつけて!

喪中の方には文具代や図書カードなどお年玉ではない項目で

そもそもの意味は神様の鏡餅を分けるということですので、お餅を神様にお供えしない喪中の方にはお年玉を渡しません。ですが、子どもたちは楽しみにしてますよね。そんな時は、華美なポチ袋はさけ、お小遣いや文具代等とし、渡すのが良いでしょう。子どもたちに歴史を話す良い機会となりますね!

まとめ

バンダイのプレスリリースではお年玉の使いみち第1位は貯金だったそう。3人に1人は貯金してるそうですよ。この機会に銀行口座を開設する人もいるのではないでしょうか。

楽しいお正月になるよう、前もって準備を始めていきましょう!

ママたちのお役に立てれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる