1歳児にオススメ絵本ナビ!誕生日プレゼントにも最適♪

今は本屋さんへ行くと絵本がたくさん売られてますよね。どれもカラフルでかわいいものばかり。目移りしてしまいます。そして月齢が小さければ小さいほど、子どもに聞いてもわからないし、迷ってしまいますよね。

我が家は3歳と1歳の子育て真っ最中。このブログでは、子供たちが大好きで繰り返し読んでいる絵本をご紹介していきたいと思います。

今回は1歳編ということでまさに次女がハマっている、そして長女も好きだったものを5冊ピックアップしてみます。王道からそうではないものまで!モンテッソーリの考え方を参考にした絵本もご紹介しますよ。

出産祝いや誕生日のプレゼントの参考になれば嬉しいです。

目次

1歳児の特徴

1歳もすぎると動き回って、絵本をじっと読んでられない!なんてこともあるのではないでしょうか?そして手もどんどん使えるようになり、いたずらも多くなってママを困らせることも…我が家もまさに毎日が戦争です(笑)

モンテッソーリ教育では運動の敏感期といわれ、感覚の敏感期(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)でもあるため、沢山の体験、いたずらを通して運動させ、吸収する時期と言われています。水をさわってよろこんだり、砂の感覚を確かめたり。我が家は直ぐに口で確かめようとするので大変でした!でもそれが自立への1歩。自分でなんでもやりたい時期の始まりです。自己固定感を育てていくことへもつながります。今のうちに沢山の経験をさせて上げてくださいね。

そしてもう一つ大切なのは言葉の敏感期。沢山の言葉を吸収する時期です。まだ発する言葉は少ないけれど、赤ちゃんたちはしっかり聞いて、発する準備をしているそうです。そこでモンテッソーリが考える絵本もご紹介したいと思います。

モンテッソーリが考える絵本

上記で話した敏感期を踏まえて、ポイントがあります。

・本物に近いこと

リアルな写真、イラストよりも実際同じ月齢の子供が動いてる映像の方が、興味を引くそうです。我が家の子供たちもそうです。もちろんキャラクターは好きですが、実写の方が動きを真似しています。Eテレの番組はだから人気があるんだなと実感。絵本も実写やリアルに近いものが好きだったり、声をだして喜んでいます。

オススメは…
【1歳のえほん百科】

表紙はイラストですが、開けてみると動物は写真で構成されています。そのわんわんがお気に入り。

・手指を発達させる要素があること

これは『イタズラ』が好きな子、本をじっと読まない子にはオススメです。やはり絵本は楽しいと思えば子供自ら運んで読んでと訴えてきます。ですので、集中力がないなどと思わず、この本は興味がないんだなと違うジャンルの絵本を読んで上げてみてくださいね。

ちょうど1歳の次女が人差し指で遊んでいる絵本があります。
【あおいよるのゆめ】

すべてのページ、『ちいさなゆびで…』というフレーズから始まるこの絵本。自分の指1本で絵が変わる様に興味津々です。次女は1人で遊んでますよ。

ちなみに0歳からのえほんで紹介した【ふあふああひる】はベスト絵本だと思います!

大好きシリーズ

娘達が1歳の頃にお気に入りだったものをご紹介!

きんぎょがにげた

こちらはモンテッソーリのお教室で紹介してもらい、娘が気に入った様子だったので購入。金魚を探すのにキャッキャ笑いながら探していました。色使いも子供の目をひきます。

おかあさんのパンツ

いないいないばぁ的要素がある絵本です。わくわくドキドキしながら、何回も読みました。長女は暗記してましたが、それでも次は何が書かれてるかな?とドキドキしながら読みすすめ、絵本を理解し、現実的になった今でも『そんなことあうわけないよねー』(最後にお母さんがいうのセリフです)と笑いながら読んでますよ。絵が楽しいので1歳位から楽しめます。

まり

こちらはクレヨンハウスさんから定期的に届く絵本の中の1冊です。書店で私は見かけたことがなかったのですが、ご存知でしょうか。
まりが形を変え、冒険に出かけるストーリーです。このシュールな顔が長女にうけ、大笑い!一瞬まりが消える瞬間があるんですが、一緒に息を飲んでました。言葉が少なく、1ページにワンフレーズ。『ことん』『ころころ』『ぴしゃ!』なんて楽しいワードばかりです。そんなこともあり、こちらは暗記第2弾絵本です。ちなみに1弾は『せん』という絵本です。

おててがでたよ

こちらお着替えが嫌いな子には役立つえほんです。かわいい擬音語とともに洋服を着ていきます。おててがでるときは『ぱっ!』あんよは『すぽーん』我が家ではお風呂上がりの洋服を着るときに大活躍しました。
ですが、ちょっとページにお話が長く、説明ちっくなので次女にはあまりはまってません(笑)まだかな?でもこの擬音語は気に入ってるらしく途中までは聞いてくれます。話はそれますが、私は興味が無くなったら読むのをやめています。強制的に最後まで縛り付けてまで読み聞かせしてません。興味がないと別な本を持ってきますので、好きなものばかりをエンドレスで読んでます。

だいすき ぎゅっぎゅっ

この本は私がこの表紙にひかれて買った絵本です(笑)うさぎさん、かわいくないですか?ちなみに子供たちはたいした惹かれませんでしたが、このぎゅっぎゅっの触れ合いが楽しく、何度も読みました。イラストが多く、わかりやすいのも特徴で、2,3ページに1回、ぎゅっとする場面があり、その度に抱きついてくるのが可愛いです。スキンシップにオススメです。

まとめ

我が家は基本的には、なるべく子供たちがやりたいようにやらせたいと思っています。そして早く自立してもらいたい!そんなことをよく夫婦で話してるのですが、絵本に関しても読むもの、読む時間等、強制はしていません。
モンテッソーリ教育の中でよく【環境】についてのお話があるのですが、その環境を整える一貫で本棚は手の届くところ、目に付くところに置いてます。1歳を過ぎた次女は意味もなくそこから本を引っ張り出すいたずらが大好きで困ってますが、本が身近にあるので、本を決まった時間に読むということではなく、好き勝手思い立ったら読んでと言うので、こちらも手を休め、リクエストに答えてます。本を読んでる間は、親も休め、リラックスでき、楽しい時間へと変わります。
心が疲れたママさん、やることは無限にありますが、手を止めて本を読んでみてください!

0歳からの絵本もよろしければ読んでみてください!

あわせて読みたい
0歳児に人気の絵本5選!いつから?赤ちゃんが喜ぶ絵本は? 子ども・絵本・オススメ・人気・ランキン... こんにちは!2人の子育て真っ最中のkanaです! 絵本っていつから読み聞かせをしたら良いんだろう…何から始めたら良いのだろう…うちの子、興味なさそうだし…なんて悩ん...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる