【1,2歳児】必見!雨の日の家での過ごし方!幼児教育をお家で取り入れてみよう♪

雨、雨、雨・・・元気ざかりのお子さんをお持ちの皆さんは1日どのようにすごしていますか?

我が家の娘達は活発な方だと思います。毎日、公園、公園、公園。。。夏は朝6時半に公園へ出かける日のしばしば…

ですが、雨が降ったり、コロナ第1波のときのように外に出られない!となるとこれは大変です。家中大騒ぎ(笑)
どうしたものか…悩みましたが、勉強もしてほしかったので、机と椅子を購入し、座らせてみることにしました。いろんな方に、どうせ座ってられないから…座れるようになったらやろうかな?と座ることについてのお話が多々あったので、そこからお話して見ようかと思います。

このブログでは、幼児教育というと大げさですが、我が家と同じように元気いっぱいの子どもたちを持つママさんへ、勉強の習慣づけの1歩をご紹介したいと思います。

これを読んでもらえば、誰でもできる!と思えると思います!

目次

どうしたら座っていられるの?

まず、座っていられるのは3分ぐらいかな?と思います。短いと思われると思いますが、何もなく座ってはいられません…ですが、何かあると座れるんですよ。例えば、おやつ。どうやってあげてますか?我が家のおやつのルールは1つ、『座って食べること』座らないとおやつがもらえないことを、子どもたちは知っています。1歳から、おやつをあげだしてからこのルールだけは必ず守っていますので、話ができない1歳過ぎの次女も『じゃんじゃん(座るということ)』と言います。
そして立ち上がったらおやつは終了。遊びたいならば、おやつは下げます。これはモンテッソーリの幼児教室で教わったことです。(まぁ我が家の娘達はおやつを残して遊ぶことはありませんが(笑))

座って食べることができるようになってから、本を読む時、テレビを見る時、自分で椅子を持ってきて座るようになりました。次女は離乳食を早く始めたせいか、食べるときも座っていられず、座って何かをすることに時間がかかりましたが、今現在、1歳2ヶ月では座っていられるようになりました。

それには背丈にあった机と椅子が必要です。参考までに我が家で使っている椅子机をご紹介します。

座って何をしてるの?

座った暁にはやりたいことがたくさん!!
モンテッソーリの手作りおもちゃ等遊ぶことからはじめましたが、机と椅子に座れるなら鉛筆を持ってほしい!という母の願いで(笑)1歳過ぎからお絵かきをはじめました。

お絵かき

モンテのお教室でも自由に書くということで、少しお絵描きする事はあったのですが、まるで興味なしだったので、お家ではどうかな?と思い、クレヨンとお絵かきセット購入。予想通り、興味なし!これはまだ早かったんだと思い、さっさとやめました。
ちなみにお絵かきは『くもん・さいしょのぬってみよう』を使いました。
色を塗るページ、その裏が自由に書けるページになっていたので、とても良かったです。

シール

次にチャレンジしたのはシール。
これは紆余曲折を経て、大ヒットでした。始めは貼ったり、剥がしたり、好きにさせました。
そうしたら、だんだんルールが分かってきたのか、ドリルが進むにつれ、1度にやるペースが上がっていきました。ですので、座っている時間も長くなります。とにかくむすめのやりたいようにやらせてみましたよ。はじめに使ったのはやはりくもんのおやこのファーストステップシリーズ。

次女は今、このシールを始めました!

せん

そして鉛筆を購入したのは1歳半すぎ。初めての線を書いてみました。それ以来、鉛筆が大ブームに。
くもんのはじめてのおけいこ…からドリルをたくさんやりましたね。それからめいろに昇格。このあたりからパパが名前も書かせはじめます。全く名前とは言えない、サイン?みみずのような(笑)そして部屋にやったドリルを貼り始めます。部屋中めいろに!

はさみ

お教室でハサミを使い始めた友達をじっと見ていたので、ハサミを購入して見ました。
なかなか難しく、すぐには興味は持ちませんでしたが、2歳すぎたころから3センチぐらいの紙を切り落とすことができることができるようになり、それから毎日やるようになりました。だんだん直線が切れるようになり、たのしみも増え、こちらもドリルを購入。そこから一気に上達しましたよ。

その他

このあとは、ベビーブックやめばえなんかもできるようになりましたよ。でも付録が私が苦手で、私の妹がたまに買ってきてくれるぐらいですが、本人は楽しんでやってました。

そして3歳前にはねんど、絵の具、紐通しを楽しんでやるように。常に座ってやっています。

いつも親が気をつけていることは、押し付けないこと、です。
本人のやる気がなければやらない、食事と一緒で立ち上がったら終わりにしています。

絵本の読み聞かせ

こちらは必ずしも椅子に座らなくてはならならいわけではありませんが、ママのお膝でも集中して座っているということには効果的だと思います。

我が家の子供達は絵本が大好き!

次から次へと好きな本を持ってきます。キッカケは3つ。まず好きな絵本が見つかったことが大きいでしょう。
はじめはこちょこちょ遊びやいないいないばぁといっためくってあそぶものから、動物が好きになり動物の絵本や図鑑に興味を示すようになりました。

キッカケ2つ目はあるとすれば、いつも手に届くところに絵本があるということです。

おもちゃよりも身近に、常に視界に入るところに本棚があり、毎日手に触れます。そこから自分で選択できるよう、背丈の低い本棚にしていますので、1歳の娘も自分でてにとり、背表紙で自分の好きな絵本を持ってくるようになりました。

そして3つ目は定期的に絵本が届くクレヨンハウスのブッククラブです。毎月、絵本が1~2冊届きますので、わくわくしながら絵本を読みます。3歳の娘とは読む前に、どんなお話かな?この絵本の表紙はちょっと怖そうだね等とお話をしてから読み始めるので、とっても真剣に夢中になっています。

ブッククラブについてはこちらの記事で詳しく書いていますので参考にして下さい。

あわせて読みたい
【クレヨンハウス】ブッククラブ「絵本の本棚」こぐま社の絵本もあるの?
【クレヨンハウス】ブッククラブ「絵本の本棚」こぐま社の絵本もあるの?クレヨンハウスのブッククラブ「絵本の本棚」、2021年4月からの配本予定が決定しました!!ブッククラブ「絵本の本棚」とはクレヨンハウスの本のプロフェッショナルた...

まとめ

今3歳をすぎ、スクールで毎日ペーパー1枚宿題が出ますが、自分からやろうと言って毎日やっています。
私は子供は小さければ小さいほど『郷に入れば郷に従え』ができると思うんです。なので、自分が苦手と思ってしまった勉強や英語を『あたりまえ』にしてしまえば良いんではないかと思い、スクールを選んだほど。そして本人が自分でやりたいことが見つかったらそれを全力でやれば良。親の私はそれまでです。その夢を実行できるように、勉強するという行動を身体に染み込ませて、当たり前の行動になってほしいなと思っています。

また家での幼児教育について、書こうと思います。
小さなお子さんがいるママの少しでもお役に立てたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる