早寝早起き三文の徳?子供を早寝早起きさせたいママ必見!早起きさせるには○○の時期から!

小児の睡眠不足や睡眠障害が続くと、肥満や生活習慣病(糖尿や高血圧)、うつ病などの発症率を高めたり、症状を増悪させたりする危険性がある。

厚生労働省HPより

すごい見出しから始まってしまいましたが、他にも成長ホルモンに影響する、脳の発達に悪い、朝の太陽をあびて体内リズムを整えよう…等など色々言われてますよね。

私はそのような理由をまぁ考えましたが、それよりも自分の時間がほしい!!というちょっと自己中な?発想から、子供を早寝早起きできる子供に育てたい!と赤ちゃんの頃から考えてました。そうしたらもちろん自分の時間もできますが、他にもメリットばかり!本当に良かったと思います。そして今、2人目も早寝早起きが定着しつつあります。

このブログでは、子供の1日のスケジュールから早寝早起きにするコツをご紹介したいと思います。

目次

早寝早起きのメリット・デメリット

私から見たメリットデメリットです。デメリットは一つ!年中早起きを強いられます!!早いときは4時半…冬は寒いですね。子供は起きたら即遊びたいとなるわけです…これがね、しんどい!パパは特に(笑)でもデメリットはそれだけで、あとはルーティンにのせて1日を過ごせます。

メリットはたくさん!!

まず早々に時間が整いますので、そこにストレスはかかりません。朝の時間がたっぷりあるので、勉強したり、学校行く準備をしたり、テレビ見たり、有意義に過ごせます。そして我が家の朝には『早くしなさい』というワードは出ません。(他の場面ではありますが…)

次に感じるのは健康体です。まぁこれは身体の強さなどもあるでしょうが、病気になりません。風邪ひきません!
そして朝ごはんをよく食べます。 文部科学省が『早寝早起き朝ごはん』というキャッチフレーズで国民運動の推進をしていますが、本当によく食べます。朝から腸が元気に活動しているんでしょうね。8時に登校前にうんちをすることも多々ありますよ。

最後に常に機嫌が良いです。眠くてぐずるのは夕方かな?1歳の次女ももう夕方までぐずることはほぼありません。

1日のルーティンと早起きのコツ

ここで1日のルーティーンから早寝早起きのコツをご紹介します。
このルーティンは1歳の次女のものです。

5:00 起床

6:30 朝ごはん

8:00 登校の見送り兼散歩

10:00 昼寝

12:00 お昼ごはん

16:00 お風呂

17:00 夕ご飯

18:00 就寝

ぴったりではありませんが、このような軸で進んでいます。この間に遊びの時間、散歩時間があります。

ポイントはどうやって早起きさせるかです!ここにかかってます!

このルーティーンで過ごすため、離乳食2回食になってから、お風呂・夕飯・就寝は必ずこの時間で行ってました。最初が肝心!!ですが最初の頃は就寝が大変でした。18時には部屋を暗くし、泣いても起こしません。抱っこしたり、おっぱいをあげたりして朝まで寝かせる努力をしました。そうすると3回食の頃には、授乳が4回になり、夜起きることがなくなりましたので、親の負担もかなり減り、自分の体力も上がり、気分が晴れました!すごく前向きになれたことを今でも覚えています。

ですので、親のコントロールがしやすい、赤ちゃん時期が早起き生活を始めるコツです!

ですが、赤ちゃんだって人間です。人それぞれあると思います。次女は全く上手く行かず、苛々してしまうことも多々…夜泣きがすごい!授乳回数を3回食で揃わなかったあたりで、怪しいなと思っていたのですが、勘は当たり、1歳過ぎても完全に寝るまで数回授乳します。ですが、段々と夜泣きが減り、夜起きなくなり朝までぐっすり寝るようになってきました。
ほんと人それぞれですので、自分にあった早寝法を見つけてくださいね!

まとめ

一人目のときはパパは然程育児に参加することもなかったのですが、2人目が生まれてからはそうはいかず、大変そうですが、一緒に朝ごはんを食べ、健康体になりました。大人も早起きは1日のリズムが整い、体調面も精神面にも良い影響です。ぜひお子さんと一緒に実践してみてくださいね!

こどもの早起きは親がコントロールしやすい赤ちゃん時期がオススメです!

ママのストレスがない楽しい子育てを応援しています!!参考になれれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる