ベビーカーの選び方 選ぶポイントは? おすすめ&失敗談

初めての育児では色々なものを買い揃えますが、中でも私が一番失敗したのはベビーカー選びでした。初めてなので何を選んで良いかなかなか分かりづらいですよね。

そこで、今日は私がベビーカー選びで失敗したこととそこから学んだオススメのベビーカーについて書きたいと思います!

実際に、最初のベビーカーから買い換えてストレスが大幅に減りました。ママ仲間に聞いても同じような悩みが多かったのでこれからベビーカーを買おうとしている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

最後まで読んでいただければ、買うときの最低限のポイントは抑えられるでしょう。では、早速行きます!

目次

大失敗したベビーカー選び 最後は大破!

最初に購入したベビーカーは某ベビー用品店で2万円ほどで購入したものです(激安(笑))最初のベビーカーの特徴はまとめるとこんな感じになります。

タイヤは4輪で小さめのもの
骨組みが細くその分軽量なもの
折りたたみ可能でコンパクトなサイズ
両対面で持ち手を変えられるもの

次に、実際に使ってみてどんな問題が発生したか纏めます。

1.操作性が悪く疲れやすい

アスファルトや砂利道など、少しの凹凸でも操作性に影響が出ます。これは恐らくタイヤが小さかったため、地面の振動がダイレクトにハンドルまで伝わってしまう為だと思います。子供を乗せているだけならまだマシですが、買い物袋などを積み込むと本当に操作が大変でした。。。それでも乗せている重量は10kgちょっとくらいだとは思うのですが。とにかく、押しづらい、安定感がない、意図しない方向に進む・・・。

なぜ買う前に気付かなかったかと言うと、買った場所はベビー用品店で実物をさわって動かしてみたのですが、いかんせん店舗の床はツルツルで凹凸が無いんですよね。つまり、お店で動かして操作性に問題がなくても、地面の条件が変われば操作性の悪さが一気に出てしまうというわけです。

また、4輪というのも私は使いづらかったです。前輪の2つのタイヤが稼働して進む方向に曲がりますが、作りが華奢なので荷重が少し重くなると曲がりづらくなってしまいました。骨組みも軽量化で華奢な分、ギシギシ音を立てて何だか嫌でしたね。

2.買い物の時に使いづらい

購入時に考えていたのは、電車に乗ったりバスでの移動の時に折りたたんでコンパクトになること、そして軽量で運びやすいことでした。でも、その分ベビーカー自体が華奢な作りになってしまい、子供を乗せて買い物に行ったりすると乗せきれなくなってしまうこともありました。殆どのベビーカーでは、荷物を置ける場所は座席下&ハンドル部分だと思いますが、骨組みが華奢なのでハンドル部分にはあまり重い荷物はかけられず、座席下のみしか使い物になりませんでした。

それでも、なるべくベビーカーの負担にならないように荷物を載せていたのですが、恐ろしい事に最後はポッキリと骨が折れて壊れてしまうという結末に。。。なんと使い始めて1年ちょっとでの出来事でした。ちょっと早すぎませんかね。ちなみに、ベビーカー以外で壊れたベビー用品は何もないです(笑)

私の使い方も荒かったのかもしれませんが、それにしても壊れるだいぶ前からギシギシ音がしたりタイヤがグラグラしていたので、遅かれ早かれ買い換えるハメになっていたでしょう。。。( ºωº )チーン…

3.壊れやすい

既述ですが、とにかくいろいろな箇所が壊れやすかったです。ハンドル部分が買い物袋の重みに耐えられずに軋む。タイヤがグラグラし出す。タイヤの操作が上手くいかなくなって思った方向に進まない。最後は座席を支えるシャフトが真っ二つに折れる。

唯一良かったのはとにかく軽量だったので、運ぶ時に苦にならなかったことでしょうか。ただ、出かけるとそうそうベビーカーを折りたたむシーンがないので、軽量さが役立つ場面も少なかったです。最近では、電車もバスもそこまでパンパンではありませんので、普通にベビーカーのまま乗らせてもらえますし、車に積み込む時くらいではないでしょうか。

オススメのベビーカー 絶対おさえるポイント!

2回目に購入したベビーカーは3万円ほどのものですが、明らかに最初のものよりも使いやすさが段違いです。購入から約3年経ちますがまだまだ現役バリバリで使えてます。前回の反省から購入した製品の特徴をまとめます。

タイヤは3輪で大きいもの(空気入れも可能なゴムタイヤ)
骨組みが太くしっかりしておりずっしり重いもの
折りたたみは可能だが最初のものより一回り大きい
片対面で最初のものより可動部分は少ない

特徴をまとめてみて初めて気づきましたが、最初に買ったものと正反対ですね・・・(^_^;)

正直に言って、使い心地に天と地ほどの差がありました。とにかくタイヤがしっかりしており、多少の段差や凹凸が全く気にならないほど走行が安定しました。娘も大きくなり始めていましたので、とても助かりました。また、骨組みが太くちょっとやそっとの衝撃ではグラグラしない重厚感があります。「ベビーカーが重いと大変なのでは?」と思われるかもしれませんが、実は逆で、タイヤと骨組みがしっかりしていればベビーカーの重みも荷重も苦労なくラクラク運べちゃいます!私は娘を公園に連れ出すことが多いので、凸凹道が楽になったのが本当にありがたかったです。

2人目が生まれて、買い物の量も多くなりましたが、ハンドル部分&座席下に荷物を詰め込んでもしっかり運べますし、骨組みがギシギシ悲鳴を上げることもありません。上の娘もベビーカーに便乗することがあるので、最大で娘二人+買い物の荷物が乗ってもへっちゃらで活躍してくれてますね。

ということで、ベビーカーを購入するときに絶対に押さえて欲しいポイントは!

作りが頑丈なものを選ぶ!(特にタイヤ・骨組み)

この一点に尽きます!「ママが使いやすいこと」が買ってよかったと思える唯一のポイントですから、多少重くてもご主人の力を借りたりすればいいですし、せっかくのメリットを捨てることはありません。駅などで困ることがあれば、駅の方にヘルプを出せば手伝ってくれますし、この際ベビーカーの重量には目をつむりましょう♪重いことを差し引いても余りあるくらいベビーカーは「頑丈であることのメリット」の方が大きいですよ!!

もし、使い勝手を試してみたい場合はお店の方に断ってアスファルトの上を走らせてみたり、お友達や親戚にベビーカーを借りてみて実際に使ってみるほうが良いと思います。最近では、ベビー用品レンタルもおすすめですので参考にしてみてください。ただし、ベビー用品の中でもレンタルで済ませたほうが良いものとそうでないものがあり、ベビーカーは最終的には買ったほうが良いと私は思います。あくまで、使い心地の確認程度でレンタルは考えたほうが良いでしょう。

あわせて読みたい
DMM.com ベビー用品レンタル使用期間が限られてしまうベビー用品をネットでレンタルすることができます。お子様の成長に合わせて、必要なものを必要な期間だけお得にレンタル!

まとめ

知らなかったこととは言え、ベビーカーに関しては未だに後悔しているところもあって「事前に色々調べておけばよかったなぁ」と思います。ただ、言い訳すればそんなこと調べる余裕もないほど肉体的にも精神的にも子育てで「てんてこ舞い」になっていたんですよね。ですから、ちょっとでも買い物の参考になれば嬉しいです♥

ベビーカーとは結構長い付き合いになりますから、ご自身にピッタリ合ったパートナーを選んでくださいね!お互いに子育てを頑張りましょう♪kanaでした~♫

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる