徹底解剖【セブンイレブンVSローソン】生チョコミルクレープ対決!

セブンイレブンさんでは昨年11/10に『生チョコミルクレープ』、ローソンさんでは今年1/26に『生ショコラミルクレープ』が発売されました。ほぼほぼ同じ商品が発売されているとは驚きです!

そこでこの記事では、2社の『生チョコ(ショコラ)ミルクレープ』を徹底解剖していきたいと思います!

見た目、美味しさ、価格、カロリー等この記事を読んでいただければ一目瞭然!

あなたならどちらのコンビニへ行くでしょうか!!

早速ご紹介したいと思います!

7プレミアム 生チョコミルクレープ|セブン‐イレブン~近くて便利~ (sej.co.jp)

生ショコラミルクレープ 2個|ローソン公式サイト (lawson.co.jp)

目次

見た目

【セブンイレブン】

光沢のある鮮やかなチョコレートソースの上に金粉が!高級感があります。

クレープの層は12層です。横幅がローソンさんより広め。

(左:ローソン 右:セブン)

【ローソン】

こちらも光沢感のあるチョコレートソース。その上に生チョコとが乗っています。

クレープの層は12層。ですが一層が厚みがあり、クリーム量が多く、セブンさんより高さがあります。

(左:セブン 右:ローソン)

栄養成分

【セブンイレブン】

エネルギー:359kcal
タンパク質:5.9g
脂質:23.7g
炭水化物:31.5g(糖質:29.5g食物繊維:2.0g)
食塩相当量:0.4g

この表示値は目安です

【ローソン】*1個あたり

エネルギー:330kcal
タンパク質:5.1g
脂質:23.3g
炭水化物:25.6g(糖質:24.1g食物繊維:1.5g)
食塩相当量:0.3g

この表示値は目安です

原材料は両社ともほぼほぼ一緒。

製造者は両社とも山崎製パン。

価格

【セブンイレブン】税込み300円

【ローソン】税込み420円*2個入

美味しさ

【セブンイレブン】
一口目、上にかかっているチョコレートの香りとともになめらかな口当たり。
食べ進めていくと、下の薄いスポンジが存在感を出してきました!!
チョコレートがそこまでくどくなく、ペロッと食べ終わってしまいます。
チョコレートの風味はあまり感じられず、コクもさほどない。
どちらかと言うとチョコレート生クリームが主役かな?

【ローソン】
生クリームが口当たりなめらか~
一口目は上にかかっている生チョコレートがコクがあり、舌触りなめらか。
食べ進めていってもとろけるミルクレープ。
クレープ生地の間にも生チョコレートが入ってます。生クリームとこの生チョコが滑らかさを演出。
上に乗ってる生チョコの存在感が凄い!!
一粒でかなり味変してくれます。
この生チョコが最高!!

まとめ

2社ともに毎年恒例のチョコ味ミルクレープ。

ヴァレンタイン時期にはチョコレートデザートがたくさん出て迷ってしまいますが、このミルクレープたちはチョコの光沢感がデザートコーナーで輝いており、手にとってしまいます(笑)

どちらかでいうと私的はコスパ含めローソンさんかなと・・・ぜひ食べ比べしてみてくださいね!

ファミマでも出さないのかな・・・ファミマのケンズカフェとのコラボしたエクレアが圧倒的に美味しいです♥ですがぜひ生チョコミルクレープもぜひ出してほしいなぁ~

でたらリポートします♪

ではセブンVSローソンのミルクレープでした!!!

あわせて読みたい
【ファミマ】ケンズカフェ監修チョコレート5種、決め手は〇〇!!
【ファミマ】ケンズカフェ監修チョコレート5種、決め手は〇〇!!ファミマさん、ケンズカフェとのコラボでチョコレート革命!!セブン、ローソン、ファミリーマート、各コンビニではバレンタイン合戦か、チョコレートデザートを毎週出...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!
可愛い姉妹の子育て奮闘中のkanaです。
ネガティブな自分を払拭したい!
家族に元気を与える太陽のような存在でありたい!
そして夢を叶えたい!
欲張り主婦のブログです。

私自身、幼少期よりピアノ漬けの毎日でした。
独身時代は音楽教室にて講師として働き、ピアノ、エレクトーン、作曲、アンサンブルと多岐にわたり音楽が楽しいことを子供たちに伝えてきました。とても充実した日々を送ってきましたが、どうしても自分で子育てがしたいと退職を選び、今に至ります。
このブログでは音楽教育、子育てに纏わるブログを発信していきたいと思います。
一緒に夢を叶えたい!
HAPPYな毎日を共有したい!
このブログをきっかけに新しい自分に出会えることができたら嬉しいなと思います!

コメント

コメントする

目次
閉じる